ファッション

「何を着ていいかわからない」季節は、ライトなコートに頼る!

〔迷い世代の服選び〕40代からのコーディネートに必要なトレンドアイテム

自分らしいスタイルの中に、トレンドを賢く取り入れたい――そんな迷い世代の女性に、スタイリストのおおさわ千春さんが、今季おすすめのアイテムをご紹介するこの連載。第18回は、朝晩や天気によって温度差があり、何を着ていいか迷うことの多い季節の変わり目に活躍し、本格的な冬から春先まで、コーディネート次第で長いスパンで愛用できる薄手のコートをご紹介します。
前回の記事はこちら>>

第18回 今手に入れて、初秋から春まで活躍する薄手のコート

8月も半ばを過ぎるとだんだん朝晩は涼しくなり、いよいよ秋が近づいてきますね。

皆さんは新しい季節を迎えるファッションアイテムのお買い物を、もうスタートしましたか? 秋冬で、一番大きな買い物といえばコート! 装いの主役になるアイテムなので、早めに買ってできるだけ長く活躍させるのが賢い方法です。

コートにもいろいろな素材がありますが、思いのほか長い期間活躍するのが、ウール以外の素材で作られた薄手のコートだと思います。

今回は、クローゼットにスタンバイさせておきたいライトコートの選び方をご紹介しますね。

「何を着ていいか迷う」ときは
ライトコートをさっと羽織って

昼と朝晩で温度差が大きい秋の初め頃。もう夏の格好では違和感があるけれど、ウールではまだ暑い……そんな「一体何を着たらいいのかわからない」ときってありますよね?

衣替えの合間の「あいまいな時期」に便利なのが薄手のコート。初秋なら軽めの服にさっと羽織り、秋が深まってきたらストールをプラス、更に冬になったらインナーダウンを着込んでも……と、レイヤードしやすいのが特徴です。

もちろん、秋だけでなく春先も活躍するので、実はかなりロングタームで楽しめるアイテム。同じライトコートでも、素材で印象や着こなし方が変わります。

今回は、おすすめの3つのマテリアルをセレクトしました。

軽くて畳んで持ち歩ける
ナイロン製のコート

薄軽コートを代表するのが、シャカシャカした素材感のポリエステル製。一般的にスポーティになりがちな素材ですが、これは甘いディテールが効いたコートドレス風のデザイン。例えばスーツやワンピースなどエレガントな服の上に羽織っても絵になると思います。

タフタ素材のコート
張りのあるタフタ生地に撥水加工が施されたライトコート。折りたたんで持ち歩いても、ぱっと広げたときシワにならずに着られるのもいいところ。「こういうポリエステル製のコートって、黒やベージュ、カーキのものが多く、グレーは意外に少ないんです。このグレーは、インにどんな服を合わせても映えるのでおすすめです」。コート21万8900円 バッグ14万8500円/ともにマックスマーラ(マックスマーラ ジャパン) ブーツ16万5000円/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシ カスタマーサービス) ニット(スタイリスト私物)

華やかな色味に気分が上がる
ざっくりしたニットコート

リボンヤーンを経糸(たていと)に編み込み、裾にそのままフリンジとしてあしらったロングカーディガン風のニットコート。ざっくりした編み地で涼しく、夏の終わりから楽しめます。ミックスカラーなので、インナーとのコーディネートがしやすいのも魅力です。

カーディガン風コート「インに合わせるのは、Tシャツのようなカジュアルアイテムでもいいし、写真のようにフェミニンなセットアップやワンピースでも素敵です」。ボタンレスの着流しタイプで、歩くたびに揺れる長めのフリンジがドラマチック。ニットコート10万4500円 ブラウス3万1900円 スカート4万2900円 バッグ(参考商品)/すべてマーク・ケイン シューズ5万3900円/マレーラ(すべて三喜商事) ネックレス(スタイリスト私物)

コットンでも際立つ存在感!
ブランド力に納得の今風トレンチ

コットン素材のトレンチですが、量感のあるフォルムや大きなラペル、ハイウエスト気味のシルエット、張りのある質感など、すべてのディテールが洒落ていて、「いいものを着ているな」とひと目でわかるのは、トップブランドならでは。こういうコートにきちんと投資すると、洗練度がぐんとアップします。

ジルサンダーのライトトレンチコートしっかりと厚みのあるコットン素材。ゆとりのあるビッグシルエットなので、インナーに厚手のセーターなどを着ても大丈夫。「黄みがかかったアイボリーには、ブラックを合わせて印象を引き締めると格好良く着こなせます」。コート31万3500円 トップス6万3800円 パンツ9万6800円 バッグ22万9900円 ネックレス9万1300円/すべてジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー(ジルサンダージャパン)

今シーズンは、薄手のコートを「本格的なウールのコートを着る前のサブ的アイテム」として考えるのではなく、本命コートとして選んでみてはどうでしょう?

きっとその使い勝手の良さに、「買ってよかった!」と実感できると思います。

●お問い合わせ
三喜商事(マーク・ケイン、マレーラ)
電話 03-3470-8233

ジルサンダージャパン
フリーダイヤル 0120-919-256

セルジオ ロッシ カスタマーサービス
ナビダイヤル 0570-016600

マックスマーラ ジャパン
フリーダイヤル 0120-030-535

おおさわ千春/Chiharu Osawa

スタイリスト。
雑誌のほか、映画の衣装デザインや女優のスタイリングなどを幅広く手掛ける。着る人に合わせた的確なスタイリングやアドバイスは、多くの女優からも信頼を得ている。

〔迷い世代の服選び〕40代からのコーディネートに必要なトレンドアイテム

トレンドのシャツは、首とデコルテの見え方で選びましょう

この春のシャツ選びは「ネックラインの開き具合」がポイント

女性らしさを楽しむ「揺れるスカート」 

大人のニットは「華やかなディテール」のあるものを

トレンドの「ピンク」、大人ならどうコーディネートする?

大人が素敵にデニムを着こなすためのコーディネート術

気分が上がる! あなたに似合うフラワープリント攻略法

雨の日が好きになる、ポジティブなお洒落グッズ

シンプルな夏ワンピースを、お洒落に着こなすコツ教えます

夏シューズは軽さと歩きやすさで選びましょう

半袖の季節にこそマスターしたい、バングル&ブレスレットの着こなし

お洒落が決まらない? ならば今すぐストールを投入しましょう

2021年秋、職人技が結集した、唯一無二のシャネルのバッグが欲しい!

2021秋冬の注目株はフェラガモ! 美しさに機能性を備えたバッグが気になります

2021年秋、グッチで見つけた本命バッグ! バンブーハンドルのカラフルなトート

トッズに学ぶ、この秋らしいカラーコーディネート法

今年の秋、お洒落な人が注目しているのは、優しくて暖かいブラウン

「何を着ていいかわからない」季節は、ライトなコートに頼る!


「迷い世代の服選び」記事一覧はこちら>>

表示価格はすべて税込みです。

撮影/大見謝星斗 編集協力/湯澤実和子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

10月号 9月1日発売

癒やしの絶景美術館

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading