伝統工芸

小さくて愛らしい!世界に一つの美術工芸品。ミニ茶箱&手のひらサイズの竹小筥

「私に贈る」最高のプレゼント 第5回(全17回) 新しい生活様式を豊かに彩る、今年のご褒美。“私”へ贈りたい、上質なアイテムをご紹介します。前回の記事はこちら>>

世界に一つの美術工芸品

世界に一つの 美術工芸品
詳しい説明はフォトギャラリーからご覧ください>>

小さきものは、みなうつくし。中島 完さんの茶箱

岐阜県多治見市に工房を構える中島 完さん。小さな茶箱に納められた茶道具は、例えば高さ約6.7センチの茶筅に始まり、どれも愛らしいミニサイズ。茶碗、茶入、振り出し、茶筅筒、茶巾入から仕覆や網袋に至るまで、ほとんどすべてを自身で制作しています。

世界に一つの 美術工芸品

手仕事から生まれる用の美の極致。竹中直哉さんの竹小筥

世界に一つの 美術工芸品

詳しい説明はフォトギャラリーからご覧ください>>

金沢を拠点に“暮らしの中に在る竹工芸”を発信している竹中直哉さん。表皮を削った白竹で編み上げた手のひらにのるサイズの小筥は、まるでマカロンのように愛らしいフォルム。小物入れとして、ガラスの器を落としにして花器として、さらに小さなLEDライトを仕込めば網目から漏れる光が美しい照明として……と、使い途のアイディアが無限に広がります。

撮影/本誌・西山 航 スタイリング/阿部美恵 取材・文/清水井朋子

『家庭画報』2021年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

『家庭画報』2022年2月号

2月号 12月27日発売

心を癒す温泉宿

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading