時計

手もとの時計を見るたびに胸が高鳴る! 歴史と伝統が生み出すマスターピース〔オーデマ ピゲ〕

〔特集〕あの最高峰時計はなぜ愛されるのか?|01

時計特集 オーデマピゲ

【特集】あの最高峰時計はなぜ愛されるのか? 家庭画報.comが最高峰時計ブランドの“愛される理由”を徹底分析。各ブランドから、歴史や性能を楽しめる「入門時計」、私のスタイルにフィットする「定番時計」、いつかは欲しい「夢時計」の3本をご紹介します。特集TOPはこちら>>

「オーデマ ピゲ」とは――

高級時計産業発祥の地であるスイスのジュウ渓谷。1875年、この地で複雑時計の製作に情熱を傾ける2人の若者、ジュール=ルイ・オーデマとエドワール=オーギュスト・ピゲによって「オーデマ ピゲ」は設立されました。

時計特集 オーデマピゲ2人の偉大な時計師であり創業者のエドワール=オーギュスト・ピゲ(右)とジュール=ルイ・オーデマ(左)。1892年には世界初のミニッツリピーター搭載の腕時計が生み出されました。

今なお創業者一族(オーデマ家、ピゲ家)による独立経営を維持する、最も歴史ある高級時計ブランドです。創業以来、数々の世界初となる記録を含む、オートオルロジュリー(高級複雑時計製造)の歴史の重要なページが「オーデマ ピゲ」によって記し続けられています。

時計特集 オーデマピゲ「オーデマ ピゲ」には専属のジェムセッターも常駐し、ムーブメントばかりでなく、宝飾時計でも高度な職人技を追求。ケースやブレスレット、ダイヤルを豪華に彩るダイヤモンドのセッティングにも自信がうかがえます。

 

傑作「ロイヤル オーク」

「オーデマ ピゲ」の傑作といえば、1972年発表の「ロイヤル オーク」。世界初の試みであるステンレススチール製高級腕時計は、それまでの常識を覆し、高級時計産業に革命をもたらしました。誰も注目することがなかったステンレススチールに美しい加工と丹念な仕上げを施すことで「ロイヤル オーク」は世界中で人気を博し、“ラグジュアリースポーツウォッチ”という新ジャンルを作り出しました。

その4年後、女性デザイナーのジャクリーヌ・ディミエによりレディス初の「ロイヤル オーク」が誕生。初代「ロイヤル オーク」にしなやかな強さとエレガンスを吹き込み、新たな女性ファンを獲得しました。以降も「オーデマ ピゲ」は、女性デザイナーたちの視点で、マニュファクチュールのデザインを女性好みの時計へ進化させることに成功。女性のためのラグジュアリーウォッチが豊富に揃っているのも、このブランドの強みです。

時計特集 オーデマピゲ2016年、レディスの「ロイヤル オーク」40周年を記念して、「ロイヤル オーク・フロステッドゴールド」を発表。ジュエリーデザイナーのキャロリーナ・ブッチとのコラボレーションにより、金をダイヤモンドダストのような細かい輝きに仕上げる“フィレンツェ技法”を「ロイヤル オーク」に施しました。

時計特集 オーデマピゲ1976年の初代レディスモデルのデザイナー、ジャクリーヌ・ディミエ(左)とジュエリーデザイナーのキャロリーナ・ブッチ(右)。

Information

オーデマ ピゲ ジャパン 

〔特集〕
あの最高峰時計はなぜ愛されるのか?

表示価格はすべて税別です。
撮影/サトウアサ 取材・文/磯 由利子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年10月号 9月1日(土)発売!

銀座の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading