ジュエリー

トップメゾンが魅せるハイジュエリーの世界。カラーストーンが織り成す華やかな美

美を堪能する、ハイジュエリーの世界 第2回(全3回) 石、デザイン、職人技─そのすべてが究極であるハイジュエリーの圧倒的な美しさ。夢の世界へと誘う、トップメゾンの華麗なる新作コレクションをお楽しみください。 前回の記事はこちら>>

【Part2】カラーストーンが織り成す華やかな美

・Part1「デザインで変容するダイヤモンドの魅力」>>

1.BVLGARI(ブルガリ)

カラーストーンが織り成す華やかな美
「ディーヴァ ドリーム」ペンダント(PG×グリーントルマリン12.09ct×ダイヤモンド×マザーオブパール×ピンクトルマリン×アメシスト×ペリドット)3125万円(予価)/ブルガリ(ブルガリ ジャパン)

マザーオブパールが引き立てるマルチカラーのインパクト

古代ローマの遺跡、カラカラ浴場に残る扇形のモザイクタイルがインスピレーションの源。扇形のモチーフが織り成す万華鏡のようなパターンの中央に、大粒のグリーントルマリンをセット。おぼろ月のようなマザーオブパールの光沢が華やぐ色彩を強調しています。

2.HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)

カラーストーンが織り成す華やかな美
「ウィンストン・キャンディ」リング薬指(YG×Pt×ツァボライトガーネット8.31ct×ダイヤモンド×ブルーサファイア×イエローサファイア)2470万円
人差し指(YG×Pt×スペサタイトガーネット5.74ct×ダイヤモンド×パール×ルベライト)1370万円 右下(YG×Pt×ツァボライトガーネット17.23ct×ダイヤモンド×イエローダイヤモンド×ピンクサファイア×ペリドット)4870万円/すべてハリー・ウィンストン(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)

個性豊かな配色で心をとろかすカクテルリングの進化形

スイートな色彩の宝石を、意外性のある配色で大胆にミックス。20世紀の中頃に流行したカクテルリングのスタイルを、モダンに再解釈したデザインです。

3.MIKIMOTO(ミキモト)

カラーストーンが織り成す華やかな美
ネックレス(WG×タンザナイト24.60ct×ダイヤモンド×パール)1300万円/ミキモト(ミキモト カスタマーズ・サービスセンター)

ノーブルな白とブルーで永遠の女性美を体現

ダイヤモンドの光の軌跡を伴って、青く澄んだタンザナイトのしずくが胸もとに流れ落ちるかのようなデザイン。粒選りのアコヤ真珠が描き出す流麗なグラデーションも、デコルテの美しさを巧みに引き出しています。

4.TASAKI(タサキ)

カラーストーンが織り成す華やかな美
「オーア」イヤリング(YG×シトリン×イエロークォーツ×ダイヤモンド×ブルートパーズ×アメシスト×パール×マベパール)1100万円/TASAKI

大粒のカラーストーンが切り開くイヤリングの新たな可能性

耳全体をドラマティックに飾る、これまでになく斬新なデザインのイヤリング。右耳には大粒のシトリンとイエロークォーツをあしらい、壮麗に。左耳はセンターストーン部は空洞で抜け感をつくり、揺れるパールのフリンジに小粒のブルートパーズとアメシスト、シトリンを配して、左右非対称のスタイリッシュなバランスを追求しています。

・Part1「デザインで変容するダイヤモンドの魅力」>>

表示価格はすべて税別です。

撮影/Fumito Shibasaki〈DONNA〉 スタイリング/馬場郁雄 取材・文/本間恵子

『家庭画報』2020年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading