ジュエリー

「ヴァン クリーフ&アーペル」最高峰のルビーとラピスラズリが煌めく、新作ジュエリー

ジュエリー見聞録

ヴァン クリーフ&アーペル

最高峰のルビーとラピスラズリが奏でる色彩の妙
アジアの仏教寺院にインスピレーションを得たオリエンタルなデザイン。最高峰のルビーを中心に、ラピスラズリとダイヤモンドをバランスよく配しています。遠目にも際立つ、美しい色彩が印象的です。“パゴダ ネックレス”(WG×RG×ルビーセンター8.17ct×ラピスラズリ×ダイヤモンド)2億9160万円(参考価格)/ヴァン クリーフ&アーペル ●お問い合わせ/ヴァン クリーフ&アーペル ルデスク TEL:0120-10-1906

ルビーとラピスラズリの大胆不敵な組み合わせ

解説/山口 遼(宝石史研究家)

このコラムはまだ4月号ですが、おそらく今年ご紹介するジュエリーの中で、最も色彩的に派手なのはこの「ヴァン クリーフ&アーペル」の新作でしょう。

ルビーとラピスラズリ

宝石の中でも最も青色が鮮明なラピスラズリという石と、最も赤が鮮明なルビーとを組み合わせるという、まあ大胆不敵の一語に尽きる作品です。

中央のルビーはモザンビークで採れた8カラット超えの見事なものですが、このネックレスのいちばんのポイントは、ラピスラズリを円形の尖塔状に削り、その天辺にルビーを埋め込んだ円形のモチーフの連続にあります。

ルビーとラピスラズリ

おそらくこれは、アールデコの時代に同メゾンが得意とした中国モチーフを再現したものだと思われます。

中国の寺院には、日本の寺院と違い、円形の建物で屋根が円錐状のものがあり、その典型は北京の天壇でしょう。

実はヴァン クリーフ&アーペルは、1931年にジュエリー史に残る名作「中国人の雨傘」を作っています。

これは金だけで作ったジュエリーのセットで、東洋の農民たちがかぶる藁などで編んだ円錐形の帽子を、宝石を使わずに金だけで作り、それを繫ぎ合わせてジュエリーにしたものです。

その雨傘を金ではなく、ラピスラズリとルビーという色彩の組み合わせに応用したネックレス。素晴らしい遺産を持つハイジュエリーメゾンにしかできない、圧巻のジュエリーといえますね。

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/栗本 光

『家庭画報』2020年4月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading