ジュエリー

イヴ・ピアジェがバラに寄せた多大なる情熱。ローズを輝きに仕立てた「ピアジェ ローズ」

ジュエリー見聞録

「ピアジェ ローズ」ネックレスとイヤリング

ダイヤモンドが奏でる気品と華やぎ
イヴ・ピアジェというバラの美しさをダイヤモンドで表現。バラのあでやかさとダイヤモンドの高貴な輝きが相まって、装う女性の魅力を引き出します。「ピアジェ ローズ」ネックレス(WG×ダイヤモンド)3680万円 同イヤリング(WG×ダイヤモンド)912万円/ともにピアジェ ●お問い合わせ/ピアジェ コンタクトセンター TEL:0120-73-1874

4代目の名を冠したローズを輝きに仕立てて

解説/山口 遼(宝石史研究家)

日本でバラの花というと、単純に美しい花という印象しかありませんが、西欧ではいろいろと複雑です。王侯貴族の家の紋章にも多く使われていますし、英国を中心として、様々な品種に個人の名前をつけて世に出すこともあります。バラには深い意味があり、単なる美しい花ではないのです。

このネックレスとイヤリングのデザインのメインテーマは、ローズです。「ピアジェ ローズ」と名づけられたコレクションは、4代目会長であるイヴ・ピアジェ氏の名前を冠した濃いピンク色の大輪のバラをモチーフにしています。

「ピアジェ ローズ」ネックレス

ネックレスもイヤリングも、このバラをダイヤモンドのパヴェで表現し、花びらの一枚一枚に微妙なカーブをつけた、見事なつくりのものです。

ネックレスはちょっと変わったデザインです。左右のバラから、ダイヤモンドのドレープ状の線が3本、胸の中央に向かって流れていますね。

一番上はバラを小さくかたどった上にダイヤモンドを埋めたもの、中央はシンプルな枠止めのライン、そして一番下は13個の枠止めにしたダイヤモンドを乗せ、そこからドロップ状のパーツを吊り下げたリズミカルな構成になっています。複雑なつくりの割には、全体を見たときに非常にすっきりとしたデザインになっています。

イヴ・ピアジェがバラに寄せた多大なる情熱が詰まったジュエリーといえるでしょう。

関連記事
バラ イヴ・ピアジェを使ったブーケ(連載「藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー」より)

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/栗本 光

『家庭画報』2020年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading