ジュエリー

愛らしい表情のパンダが大粒の真珠を抱えた「ショパール」の最新作リング

ジュエリー見聞録

ショパール

素材に対するこだわりとクリエイティビティが光る
愛らしい表情のダイヤモンドのパンダが、大粒の真珠を抱きかかえています。ダイヤモンドの品質もさることながら、特筆すべきは竹の部分。ショパールが近年力を入れているカラーチタンで、非常に軽いつけ心地を実現。立体的かつユニークなデザインに仕上げています。リング(グリーンチタン×WG×南洋真珠×ブラックダイヤモンド×ダイヤモンド×ツァボライト×サファイア)1554万4000円(参考価格)/ショパール ●お問い合わせ/ショパール ジャパン プレス TEL:03(5524)8922

世界一のパンダ愛好国に真っ先にやってきた最新作

解説/山口 遼(宝石史研究家)

パンダの登場です。中国は四川省からくるジャイアントパンダは、ご存知、日本でも大人気です。不思議なことに、欧米では単にBEAR CAT、つまり熊猫と呼ばれ、そこまでたいそうな人気者というわけではない。おそらくパンダ好きの比率は、日本が世界一なのではないかと思われます。

ショパール

この大きな真珠を抱え込んだパンダの指輪は「ショパール」の最新作です。パンダの胴体はダイヤモンドをパヴェ状に密集させて埋め込み、目の周囲と耳、手足はブラックダイヤモンドでアクセントにしています。面白いのはパンダが腰かけている座の部分、指輪でいえば指が入る部分ですが、これがパンダの主食である竹の軸を縦横に組み合わせたもの。

使われているのは、なんと緑色のチタンです。ジュエリーの世界で、グリーンチタンをここまで使ったものはないと思います。となるとパンダが可愛い腕で抱えている真珠は何なのだということになりますが、まあ、難しく考えることはない。とにかくショパールらしい可愛らしいデザインです。

真珠は日本人も中国人も大好きな宝石です。それを大好きなパンダが抱えているというラッキーシンボルだと思いますが、上から見ると、パンダが真珠に頰ずりしているようにも見えます。これが売れるのは日本か中国か。パンダ大好きの日本で売れたらとても素敵ですね。

撮影/栗本 光

『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading