ジュエリー

人生を輝かせる夢と美のシンボル! シャネルの麗しきハイジュエリーコレクション

究極のハイジュエリー 第7回(全20回)
目にするだけでも夢や幸福感を誘い、生きる力を与えてくれる、究極のハイジュエリーをご紹介いたします。前回の記事はこちら>>

[シャネル]コレクション1932

マドモアゼル シャネルが愛した星・月・太陽、3つのシンボルからインスピレーションを得て、シャネル ジュエリー クリエイション スタジオ ディレクターのパトリス・ルゲローにより新たな輝きの物語が誕生しました。

麗しきハイジュエリーコレクションをご覧ください。

「私は、頭上にあるものすべてが好き。空も月も。そして、私は星の力を信じている」── ガブリエル・シャネル

マドモアゼル シャネルが生涯最初で唯一となるハイジュエリーコレクションを発表したのが1932年。

星の魅力に着想を得たピースを筆頭に、ダイヤモンドのみで構成されたハイジュエリーは、それまで富の象徴だった宝石の価値観を覆し、女性に自由やパワーを授けてくれる、という新しい時代のシンボルとなりました。

そんなオリジナルに立ち返り誕生した「コレクション 1932」。

眩い天体をテーマにした独創的なクリエイションは、輝く未来への道標となってくれます。

シャネルネックレス(WG×ダイヤモンド)9億6404万円(参考価格)/シャネル

流星の光のオーラが、身につける人を幸運に導く

ダイヤモンドのシェブロン(光の矢)が夜空を駆け抜ける躍動感溢れるデザイン。

首もとを幾重にも華やかに取り巻き、デコルテのセンターには19.32ctのオーバルカットダイヤモンドが燦然と輝きます。

ラグジュアリーを極めたネックレスは、後ろの留め金も星形にデザインされているなど、どの角度から見ても美しい唯一無二の存在。

シャネルブローチ(WG×ダイヤモンド)8316万円(参考価格)/シャネル

太陽系で最も神秘的な“月”への憧憬を込めて

星空を背景に月を目指してロケットが飛んでいく、3.20ctのマーキスカットダイヤモンドをあしらった眩いばかりのブローチ。

斬新なデザインにはさまざまなサイズのダイヤモンドが煌めき、夢を運ぶにふさわしい特別なオーラを放っています。

撮影/武田正彦 取材・文/土橋育子

『家庭画報』2022年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading