ジュエリー

伝説的な128.54カラットの「ティファニー ダイヤモンド」に秘められたエピソードとは

「ジュエリーの真髄」を知る 第6回(全14回) 美術館や博物館で観るような歴史的な芸術品から、日々を彩る日常使いの輝きまで……。美しいジュエリーには、夢や希望を与え、人々の心を潤す圧倒的な力があります。学び、愛で、そして楽しむ。ジュエリーの真髄を知れば、私たちの人生はもっと心豊かなものになることでしょう。前回の記事はこちら>>

そのハイジュエラーたる理由
Tiffany & Co.(ティファニー)── 洗練された美意識

ティファニー

まぶしいほどの光彩に満ちた伝説的イエローダイヤモンドの再来
かつての「ティファニー ダイヤモンド」の姿を彷彿とさせるこのブローチは、今年ブランドが日本上陸50周年を迎えることを祝って特別製作されたもの。ジャン・シュランバージェによるアイコニックなデザインを忠実に再現。「バード オン ア ロック」ブローチ(Pt×YG×イエローダイヤモンド21.16ct×ピンクサファイア×ダイヤモンド)/ティファニー(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)※価格はお問い合わせください。

アメリカンジュエラーのイエローダイヤモンドに秘められたエピソード

ジュエリー史に偉大な足跡を残した「ティファニー」。創業者チャールズ・ルイス・ティファニーは独自の手法で、アメリカ発のジュエリーを世界に広めた歴史的な人物といっていいでしょう。

例えばパリ万博でアメリカ大陸原産のオーキッドのブローチ(1889年)や、モンタナ州産のサファイアでアイリスのブローチ(1900年)を製作し、どちらも金賞を受賞。ヨーロッパ中心だった宝飾界において、アメリカのジュエリーの実力を世界に知らしめました。

当時、アメリカで採れるサファイアやパールをはじめ、新しい宝石の発見に尽力したのは、チャールズが見出した宝石学者、ジョージ・フレデリック・クンツ博士。

クンツ博士の監修で考案された「ティファニー ダイヤモンド」のシェイプ

クンツ博士の監修で考案された「ティファニー ダイヤモンド」のシェイプ。

1878年にティファニーが入手した287カラットを超えるイエローダイヤモンドの原石の半分以上を削り落とし、大きさよりも輝きを最優先に。アメリカの洗練された美意識により誕生した「ティファニー ダイヤモンド」は永遠の美しさを得ることになりました。

ティファニー ダイヤモンド

かつてはオードリー・ヘップバーンも身につけた128.54ctの「ティファニー ダイヤモンド」。創業175周年を記念し、2012年に美麗なネックレスへと作り替えられました。

この鮮やかなイエローダイヤモンドを「バード オンア ロック」ブローチとしてデザインしたのは、20世紀を代表するジュエリーデザイナー、ジャン・シュランバージェ。彼の作り出すアーティスティックなデザインは、セレブリティを熱狂させました。

トレーサビリティの取り組み

鉱山から店頭に並ぶまでのダイヤモンドの流れをクリアにするトレーサビリティの取り組みは画期的。

偉人たちによって、確立されたティファニーのアイデンティティ。唯一無二の個性を持つジュエラーだからこそ、今も世界中から信頼を寄せられているのです。

ティファニー本店

ニューヨーク5番街の本店は現在改装中

【1837年創業 創業者:チャールズ・ルイス・ティファニー】
●ティファニー本店[Tiffany Flagship Store]
Fifth Ave. and 57th St. New York, USA
●ティファニー銀座本店
東京都中央区銀座2-7-17 TEL:03(4567)4590

撮影/Fumito Shibasaki〈DONNA〉 スタイリング/阿部美恵 取材・文/本間恵子

『家庭画報』2022年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading