ジュエリー

「ハリー・ウィンストン」のセンスを物語る、ルビーとダイヤモンドの美しき共演

ジュエリー見聞録

ハリー・ウィンストン

白と赤が奏でる存在感溢れるデザイン
シェイプの違うダイヤモンドとルビーを立体的にセッティングし、しなやかなつけ心地と華やかなデザインを実現。にごりのない美しい色のコントラストが印象的なジュエリーです。ネックレス(Pt×ルビー計34.43ct×ダイヤモンド計23.4ct)7370万円 イヤリング(Pt×ルビー計7.79ct×ダイヤモンド計5.64ct)1672万円(※ネックレス、イヤリング、リングの3点セットでの販売)/ともにハリー・ウィンストン ●お問い合わせ/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション TEL:0120-346-376

ジュエリー作りにおける「巧み」とは何か

解説/山口 遼(宝石史研究家)

ダイヤモンドとルビーの共演ともいうべきネックレスとイヤリングは、「ハリー・ウィンストン」の作品。デザインのテーマは、リヴィエールと葉模様の組み合わせです。

リヴィエールとはフランス語で川のこと。やや細いですが、ネックレスの左右にあるダイヤモンドとルビーの流れるようなデザインを、川に見立ててこう呼びます。一見、単純に見えますが、体の動きに合わせてしなやかにフィットさせるには、なかなかの技術が必要です。

ネックレスとしては最もオーソドックスなもので、王侯貴族が正装する場合には、ほとんどがこのタイプのネックレスを着用しています。

ハリー・ウィンストン

葉の部分は、ダイヤモンドをルビーで取り巻いたものと、逆にルビーをダイヤモンドで取り巻いたものを組み合わせて使っています。

ルビーという宝石はやっかいなもので、数が少ない場合には鮮明な色で他を圧するのですが、たくさん使いすぎるといささか下品になりかねません。そこをこのジュエリーはうまく避けています。

白と赤という、最も鮮明な色の対比をデザインにしながら、くどさを感じさせないセンスこそ、ハリー・ウィンストンならではの巧さでしょう。

最近では、宝石を数多く使った重厚なジュエリーが主流ですが、このネックレスとイヤリングは、決して大きな宝石を使わず、すっきりと軽やかに仕上げています。その洗練は注目に値すると思います。

表示価格はすべて税込みです。

撮影/栗本 光

『家庭画報』2022年2月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

絶景の開運スポットへ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading