ジュエリー

板谷由夏さんが“粋”をまとう。「ティファニー」エルサ・ペレッティ スタイル

ようこそ、ジュエリー美術館へ 最終回(全20回) 見る人、装う人に愛と夢を与え、胸を高鳴らせるジュエリー。今、時代が、世界が、ジュエリーの持つポジティブなパワーを求めています。輝き、色彩、めくるめくデザインを集めた美術館の扉が、ここに開きます。前回の記事はこちら>>

“ボーン カフ”、“オープン ハート”“ビーン”といった「ティファニー」を代表するジュエリーを生み出したデザイナー、エルサ・ペレッティ。時代を超えて愛される伝説のジュエリーを女優の板谷由夏さんがクールにスタイリッシュに装います。

力強く凜々しいモダンな女性らしさを象徴

板谷由夏さんが“粋”をまとう エルサ・ペレッティ スタイル

すべて「エルサ・ペレッティ™」、“ボーン カフ”(SS)各24万2000円 “ハイ タイド ピアス”(SS)8万1400円/すべてティファニー(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ニット7万1500円 パンツ6万9300円/ともにヌメロ ヴェントゥーノ(イザ)

ダイナミックなシルバーの“ボーン カフ”を両腕にまとい、生き生きと現代的な女性像を演じた板谷さん。ワンショルダーの辛口なスタイルに官能的な女性らしさ、艷やかさが見事に際立って。

重ねることで存在感が増すゴールドチェーンの洗練

板谷由夏さんが“粋”をまとう エルサ・ペレッティ スタイル

すべて「エルサ・ペレッティ™」、“エージアン ネックレス”(YG)594万円 “エージアン トグル ブレスレット”(YG)236万5000円 “ドーナツ バングル”(YG)スモール286万円 ミディアム297万円/すべてティファニー(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ジャンプスーツ33万2200円/ラルフ ローレン コレクション(ラルフ ローレン)

真っ白な装いにソリッドなイエローゴールドが輝いて。

自然が生み出す造形美を白い煌めきに託して

板谷由夏さんが“粋”をまとう エルサ・ペレッティ スタイル

すべて「エルサ・ペレッティ™」、右“セビアナ ペンダント”(Pt×ダイヤモンド×シルクコード)308万円 左“スターフィッシュ ペンダント”(Pt×ダイヤモンド×シルクコード)407万円 “ダイヤモンド バイ ザ ヤード™ ピアス”(Pt×ダイヤモンド)220万円/すべてティファニー(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) シャツ4万2900円(参考価格)/スポーツマックス(マックスマーラ ジャパン)

大胆に開けたデコルテに交差する2つのモチーフ。重ねづけでより個性とインパクトのあるスタイルに。

スカーフのようにジュエリーをまとう革新性

板谷由夏さんが“粋”をまとう エルサ・ペレッティ スタイル

ともに「エルサ・ペレッティ™」、“メッシュ スカーフ ネックレス”(YG)407万円 “ダイヤモンド バイ ザ ヤード™ ピアス”(YG×ダイヤモンド)47万3000円/ともにティファニ―(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) シャツ、パンツ/スタイリスト私物

首もとにきゅっと結んだメッシュのネックレスは、まるでファブリックのようなしなやかさ。ゴールドのパーツを繊細に織り上げたゴールドメッシュがボディに沿い、流れるようなラインを描いて。ドレスの胸もとにも映える汎用性の高い逸品。

生き方も作品も先進的な稀代のデザイナー ELSA PERETTI(エルサ・ペレッティ)

板谷由夏さんが“粋”をまとう エルサ・ペレッティ スタイル
黒の装いに“ボトル”ペンダントと“ボーン カフ”バングル。洗練されたシンプルスタイルのエルサ。愛犬と一緒に。©Tiffany & Co./Hilda Moray

「アイデアをデザインへと変化させるのは魔法のようなもの」

エルサ・ペレッティ

世界で最も成功した女性ジュエリーデザイナーといわれ、数々の革新的な作品を世に送り出してきたエルサ・ペレッティ。

2021年3月に永眠しましたが、彼女の生きた時代を描いたドラマ『ホルストン』にも名脇役として登場するなど、作品だけでなく本人の潔い生き方に世代を超えて注目が集まっています。

板谷由夏さんが“粋”をまとう エルサ・ペレッティ スタイル
大胆に開いたデコルテを輝かせる“ダイヤモンド バイ ザ ヤード™”のネックレスを何本も重ねて。©Tiffany & Co./Jill Kremetz

1940年イタリアのフィレンツェに生まれたエルサ・ペレッティ。ローマとスイスで教育を受けた後、スペインでモデルとして活動。1968年にニューヨークへ渡りトップモデルとして活躍する中、時代の寵児といわれたデザイナー、ホルストンとの運命的な出会いを果たします。

その他、トルーマン・カポーティやサルバドール・ダリ、ライザ・ミネリなど多くのアーティストと交流を深め、ニューヨーク社交界のファッション・アイコンとして君臨。その後、ジョルジオ・ディ・サンタンジェロのコレクションでジュエリーのデザインを手がけたことから、ティファニーと専属契約を結び、のちに伝説となる作品が生み出されるのです。

板谷由夏さんが“粋”をまとう エルサ・ペレッティ スタイル

1971年秋に行われた「ホルストン」のコレクションで、モデルを務めたエルサ・ペレッティ。©Tiffany & Co./James Hamilton

自然やアートから着想を得た独創的なデザインや、スターリングシルバーをハイジュエリーの世界へと復活させた革新的な試みは、自分らしい生き方を貫いてきた彼女だからこそ成し得たこと。今、あらためて彼女の功績と作品に触れ、その魅力を堪能したいものです。

板谷由夏さんが“粋”をまとう エルサ・ペレッティ スタイル

写真左は“ビーン”ネックレス。右はスネークをモチーフにしたネックレス。©Tiffany & Co./Hilda Moray

フォトギャラリーを見る>>

板谷由夏/Yuka Itaya

福岡県出身。ファッションモデルとして活動をスタート。1999年『avec mon mari』で女優として映画デビュー。その後数々の映画、ドラマ等に出演するほか、映画の魅力を語りつくす情報番組『映画工房』のMC、ファッションブランド「SINME」のディレクターも務めるなど、マルチに活躍している。2021年10月22日には出演映画『ひらいて』が公開予定。


〔特集〕心ときめく夢と美の世界 ようこそ、ジュエリー美術館へ

01 ようこそ、ジュエリー美術館へ

02 澄んだエメラルドが輝く「パンテール ドゥ カルティエ」

03 稀少なアンティークコインの「ブルガリ」のネックレス

04 吉田羊さん×トップメゾンのハイジュエリー。優美なる肖像

05 脳科学から考える「宝石にときめく理由」

06 稀少なジュエリーに出合える「オークション」の現状と醍醐味

07 ダイヤモンドほどユニークで価値あるものはない

08 百花繚乱、最高峰のダイヤモンド劇場

09 「ハリー・ウィンストン」羨望のジュエリーウォッチ

10 艶やかな色彩美「ブルガリ」のシークレットウォッチ

11 ダイヤモンドが輝く「ルイ・ヴィトン」のジュエリーウォッチ

12 「ディオール」のアートな新作ジュエリーウォッチ

13 デイリーなスタイルにこそ、ジュエリーの力を

14 リングと時計のコーディネート2例

15 主役級リングで叶えるラグジュアリーな手もと

16 “色”で、「春」の命の煌めきを描く

17 日本のジュエリーで表現する「夏」

18 「秋」を日本のジュエリーで表現

19 「ギメル」のダイヤモンドが輝く、冬の世界

20 板谷由夏さんが“粋”をまとう。エルサ・ペレッティ スタイル


この特集の掲載号
『家庭画報』2021年10月号

『家庭画報』2021年10月号

撮影/土屋文護〈Tron〉 スタイリング/伊藤美佐季
ヘア/西村浩一〈VOW-VOW〉 メイク/村松朋広〈関川事務所〉 構成・文/土橋育子

『家庭画報』2021年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading