ジュエリー

重ねづけでおしゃれに。主役級リングで叶えるラグジュアリーな手もと

ようこそ、ジュエリー美術館へ 第15回(全20回) 見る人、装う人に愛と夢を与え、胸を高鳴らせるジュエリー。今、時代が、世界が、ジュエリーの持つポジティブなパワーを求めています。輝き、色彩、めくるめくデザインを集めた美術館の扉が、ここに開きます。前回の記事はこちら>>

繊細リングと迫力リングの合わせ技を楽しんで

主役級リングで叶える ラグジュアリーな手もと

リング「ポセション」〈人差し指・指先から〉(PG×ダイヤモンド×マラカイト)37万4000円、(WG×ダイヤモンド)56万3200円 (PG×ダイヤモンド×カーネリアン)35万8600円、〈中指〉(PG×ダイヤモンド×ホワイトカルセドニー)35万2000円〈薬指〉「ピアジェ サンライト」(WG×ダイヤモンド)319万円/すべてピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター) ブラウス13万9700円/ステファノ(チェルキ) パンツ/スタイリスト私物

カボションカットの色石やダイヤモンドをあしらった「ポセション」リングは、隙間から肌が見えるデザインなので重ねづけでも圧迫感がありません。第二関節より上につけるのも最近のブーム。迫力のパヴェダイヤのリングと合わせる余裕も見せて。

スタイルの幅を広げるセラミックのクリーンな白

主役級リングで叶える ラグジュアリーな手もと

上から、「グラフィック コレクション」バングル(PG×WG×ダイヤモンド)374万円 同リング〈上〉(PG×セラミック×ダイヤモンド)110万円/ともにメレリオ リング〈下〉「ディ・アイコン」(PG×セラミック×ダイヤモンド)15万9500円/ダミアーニ(ダミアーニ 銀座タワー)

ダイヤモンドやゴールドとともに、ホワイトセラミックをデザインに取り入れたジュエリーが注目されています。由緒正しきジュエリーメゾンからのセレクトで、デイリースタイルをモダンテイストにランクアップさせて。

〔特集〕ようこそ、ジュエリー美術館へ

01 ようこそ、ジュエリー美術館へ

02 澄んだエメラルドが輝く「パンテール ドゥ カルティエ」

03 稀少なアンティークコインの「ブルガリ」のネックレス

04 吉田羊さん×トップメゾンのハイジュエリー。優美なる肖像

05 脳科学から考える「宝石にときめく理由」

06 稀少なジュエリーに出合える「オークション」の現状と醍醐味

07 ダイヤモンドほどユニークで価値あるものはない

08 百花繚乱、最高峰のダイヤモンド劇場

09 「ハリー・ウィンストン」羨望のジュエリーウォッチ

10 艶やかな色彩美「ブルガリ」のシークレットウォッチ

11 ダイヤモンドが輝く「ルイ・ヴィトン」のジュエリーウォッチ

12 「ディオール」のアートな新作ジュエリーウォッチ

13 デイリーなスタイルにこそ、ジュエリーの力を

14 リングと時計のコーディネート2例

15 主役級リングで叶えるラグジュアリーな手もと

16 “色”で、「春」の命の煌めきを描く

17 日本のジュエリーで表現する「夏」

18 「秋」を日本のジュエリーで表現

19 「ギメル」のダイヤモンドが輝く、冬の世界

20 板谷由夏さんが“粋”をまとう。エルサ・ペレッティ スタイル


この特集の掲載号
『家庭画報』2021年10月号

『家庭画報』2021年10月号

撮影/大原敏政〈aosora〉(静物) スタイリング/おおさわ千春 取材・文/大杉美氣 撮影協力/AWABEES

『家庭画報』2021年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading