ジュエリー

キング・オブ・ダイヤモンドの輝き〈ハリー・ウィンストン〉

【BRAND STORY】母から娘へ-受け継がれる銘品を創造する世界のトップジュエラー

1896年、宝石商の息子としてニューヨークに生まれたハリー・ウィンストン。幼い頃より宝石への才能を示した彼には、12歳にして偶然訪れた質屋にて無数の安価な宝石の中から当時の価格で800ドルのエメラルドを見つけ出したというエピソードが残されています。1932年、ニューヨーク五番街にて創業。次々と繰り出されるデザインと、アイデアにより、その名は世界に浸透していきました。

ハリー・ウィンストンが追求したのは、大粒で極上のダイヤモンド
ハリー・ウィンストンが追求したのは、大粒で極上のダイヤモンドの輝きを最大限に活かす方法です。石を留める地金がほとんど見えず、まるで素肌の上に直接ダイヤモンドをつけているかのように見える「ウィンストニアン・スタイル」は、ブランドを代表するセッティング。あらゆる角度から光を取り込んで輝くダイヤモンドの美しさは、他の追随を許しません。

ラウンド・ブリリアント、ペアシェイプ、マーキースカット…輝きの異なるシェイプのダイヤモンドを立体的に組み合わせることで、無限の美が生まれることを誰よりも知る、ハリー・ウィンストン。「ダイヤモンドがデザインを決める」というブランドの姿勢は、本当に美しいダイヤモンドさえあれば、他に何もいらないことを私たちに教えてくれます。

家庭画報 最新号

2018年8月号 6月30日(土)発売!

軽井沢の魅力/いわさきちひろの世界

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading