ファッション

足もとのお洒落の新定番。美しくて履き心地のよい「洗練スニーカー」

“新しい日常”の新定番 心地よく、美しい靴 第1回(全3回) 生活様式が大きく変化するなかで、本当に必要なものを見直す機会ともなった今、「お洒落」にも、“心地よさ”を重視する気運が高まっています。行動のベースとなる足もとも、健康的に、そして麗しく。安定した履き心地と、美しさとを兼ね備えた新しい日常にフィットする靴をご紹介します。

スポーティエレガンスが叶う
「洗練スニーカー」

スポーティエレガンスが叶う「洗練スニーカー」
右からVALENTINO、GUCCI、SAINT LAURENT、LOUIS VUITTON、FENDI、DIOR。

VALENTINO

バックベルトにあしらわれたスタッズと同様の、四角いフォルムのパンチングで表現したブランドの頭文字がアクセント。さりげないこだわりが洗練された印象に。スニーカー(ソール2.8センチ)8万1000円/ヴァレンティノ ガラヴァーニ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

GUCCI

淡いパステルカラーがマイルドな雰囲気を醸し、スポーティ一辺倒ではなく、幅広い装いにフィットします。足入れ部のクッション性も秀逸で優しい履き心地。14穴の紐通しは、甲をほっそり見せる効果も。スニーカー(ソール2センチ)7万5000円/グッチ(グッチ ジャパン)

SAINT LAURENT

やや丸みを帯びた、パンツにもスカートにもバランスよく合わせられるフォルム。かかと部分に白のリリーフ状にロゴが浮かび上がり、後ろ姿もスタイリッシュに。スニーカー(ソール2センチ)6万5000円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)

LOUIS VUITTON

モノグラムキャンバスのトリミングとゴールドの鳩目がエレガント。シューレースにはロゴ入りのチャームもあしらわれています。上質なレザーならではの心地よいフィット感を堪能して。スニーカー(ソール3センチ)10万円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

FENDI

白いボディにFFロゴが浮かび上がるデザインに心躍らせて。ショートブーツ感覚でコーディネートできるハイカットタイプは、パンツスタイルにおすすめ。内側はメッシュ素材のため履き心地も快適です。スニーカー(ソール2センチ)9万5000円/フェンディ(フェンディ ジャパン)

DIOR

キャンバス地にシックな色合いでフラワー柄の刺繡を施したレディな一足。クチュールメゾンならではの繊細さと風格が薫り立ちます。甲部分とシューレースにはロゴがあしらわれて。スニーカー(ソール3センチ)11万2000円/ディオール(クリスチャン ディオール)

表示価格はすべて税別です。

撮影/大原敏政〈aosora〉 スタイリング/馬場郁雄 取材・文/大杉美氣

※ソールとヒールの高さは編集部調べ

『家庭画報』2020年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading