ファッション

「デルヴォー」のバッグがミニチュアに! 日本をテーマにした遊び心あふれるチャームが登場

世界の都市を表現したユニークなミニチャーム。新作は日本がテーマ

「デルヴォー」は1829年にベルギーのブリュッセルで誕生した世界最古のラグジュアリーレザーグッズブランド。190年の歴史を持ち、熟練の職人技へのこだわりと独創的なアイディアによって数々の名品を生み出してきました。「デルヴォー」が手がける「ミニアチュール」シリーズは、ブランドを代表するハンドバッグである「ブリヨン」を手のひらサイズにしたミニチャーム。これまでも世界各国の都市をテーマにリリースされており、洋服やバッグにつけても、集めても楽しいアイテムです。

今回発売される「ミニアチュール ニッポン」はその名の通り日本がテーマ。「桜」、「歌舞伎」、「寿司」といった日本文化を象徴するモチーフが、高いプリント技術と職人の刺繍によってバッグの形に表現され、ミニサイズながらも本格的なディティールを備えています。

「Sakura」(幅8.5×高さ11.3×マチ4.6cm)10万8000円

日本を代表する花、桜をモチーフにした「Sakura」は、美しいセラドンブルーのボディに淡いピンクレザーの花びらが映える優美なデザイン。

「Kabuki」(幅12.5×高さ11.3×マチ4.6cm)12万9000円

ひときわユニークな「Kabuki」は、日本の伝統芸能である歌舞伎の特徴的な化粧や髪型をボックスカーフで表現しています。

「Sushi」(幅8.5×高さ11.3×マチ4.6cm)10万8000円

「Sushi」は、イクラやきゅうり、醤油差しがついた、思わず食べたくなるようなデザイン。世界中で愛される寿司を遊び心たっぷりに表現しました。

医療の最前線への支援を目的に、「ミニアチュール ニッポン」の売上金の一部は国際医療ボランティア団体である「特定非営利活動法人 ジャパンハート」に寄付されます。

「ミニアチュール」シリーズには、「デルヴォー」と各都市との絆に加え、「世界はひとつだ」というメッセージが込められています。誰もが困難に直面する今だからこそ、ユーモアにあふれ、元気をもらえるようなチャームで日々を彩ってみてはいかがでしょうか。

Information

デルヴォー・ジャパン

表示価格はすべて税抜きです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading