ファッション

ファッションブランド発「美人マスク」。 新しい時代のお洒落を楽しみませんか?

美しい色、繊細なピンタック、そしてワールドワイドに通用する成熟したデザイン性。日本生まれのブランドとして、ロンドンやニューヨークなど海外のセレブリティからも熱い支持を得ているヤッコマリカルドから、ファッショナブルなピンタックマスクとサブバッグのセットが発売されます。

発想のスタートは、長く大切に愛用してほしい
というブランドの思い

ヤッコマリカルドというブランドは、約40年前の創業時から環境に優しい会社を目指して歩んできました。素材はコットンを主体とした天然素材、染色工程でも有害な排水を一切出さない生産設備を実現。

地球が、自然がもたらしてくれた素材を使って商品を生み出しているからこそ、その地球に恩返しがしたいと考え、今でこそさまざまな場面で謳われるサステナビリティにいち早く取り組んできたのです。その一環として、今年2月からスタートしたのがSSP(サステナビリティ・サービス・プログラム)。

SSPのプロモーションとして、本店や銀座EXIT MELSAのショーウィンドーで資源を再活用して作られた紙コップを使ったディスプレーを行いました。

そのうちの一つ、「染め替え(リダイ)」は、経年変化で色が褪せたり、なんとなく最近着なくなってしまったヤッコマリカルドのブラウスを、長く大切に楽しんでもらうために、染め直してくれるシステムです(染め直しの色は黒のみ)。

SSPの一環である「染め替え(リダイ)」は1点につき5500円(税込み)で、1人3点まで。そのほかにヤッコマリカルドの衣料品を最大5点まで持参すると1000円のクーポン券がもらえるシステムもあります、回収した商品は状態に応じて「作り替え(リメイク)」「再活用(リサイクル)」など再資源化されていきます。

マスクもエコバッグもお洒落に。それが
新しい時代のファッションの楽しみ方

今回新しく登場するピンタックマスクにも、大切に長く使ってほしいというサステナビリティに基づく精神が息づいています。くり返し洗って使えるコットンのピンタックマスクは、顔まわりをふんわりと優しく彩る白、薄紫(ヒメスミレ)、浅紺(ウォーターブルー)、濃紺の4色展開。同色展開のピンタックのサブバッグとセット販売されます。

左から浅紺(ウォーターブルー)、薄紫(ヒメスミレ)、濃紺、白。マスクとサブバッグをお揃いで楽しめるのも、ヤッコマリカルドならではのアイディアです。

マスク本体と同色の耳にかけるゴムは、アジャスター付きで自分にちょうどいいサイズに調整できます。さらに首にかけて持ち運びができるので、なくしたり落としたりする心配もゼロ。機能性だけではなく、胸元のアクセントになるお洒落感も見逃せません。

首からかけられるマスクというのは新発想! 出先でちょっと外したいときに、これまではどこに置いていいのか迷いましたが、これなら安心です。

そして今や生活必需品となったサブバッグ。スーパーマーケットなどのプラスチック製レジ袋が2020年7月から完全有料化されますが、これも地球のための大切な取り組みの一つです。小さく折りたため、収納ポケットも備えたヤッコマリカルドのサブバッグは、マスクと色を揃えて持てるというファッションブランドならではの発想が生きたアイテムです。

社会貢献も環境保護も、お洒落にそして楽しく。ヤッコマリカルドが提案するのは、マスクやサブバッグが日常的な必須アイテムとなった今の時代に合った、新しいお洒落の楽しみ方です。

●お問い合わせ
ヤッコマリカルド公式オンラインショップ
URL:https://www.yaccomaricard-online.jp/

ピンタックマスクとサブバッグセットで各色1万2000円(税抜き)。
販売はオンラインのみで2020年6月19日(金)先行販売開始(各50セット)。
商品は6月22日(月)以降、順次発送。
7月からは店頭販売予定。

特設ページ:https://www.yaccomaricard-online.jp/maskandbag

ヤッコマリカルド(ワイエムファッション研究所)
電話:03-3499-4093

 

 

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading