ファッション

春先に大活躍!「スカーフ」使いが上手なパリジェンヌ3人の装い【3月のパリスナップ】

パリ、大人のおしゃれの見本帳 フランス移住2年目のファッションライターがパリの街で体当たり取材! 素敵な女性に声をかけ、着こなしの秘密を探ります。毎日のおしゃれに役立つ、ファッションスナップをお届け。連載一覧はこちら>>

クラシックに装うスカーフのおしゃれが素敵

パリ、大人のおしゃれの見本帳 40

購入したり、いただいたり、家族から受け継いだり……。私のクローゼットの中にも、それなりの数のシルクスカーフがありますが、なかなか上手に使いこなせず箪笥の肥やしになっておりました。

というのも現在40代半ばの私は、多感な時期を過ごした80年代に誰もが首に巻きつけていたイメージから、なかなか新しい感覚でスカーフを取り入れることができず、ひどく苦手意識があったのでした。

しかし、パリジェンヌは20代の若い世代からマダムまで、どの世代も上手にスカーフを取り入れているではないですか!

そこで今回は、これまでにご紹介した中でも気になったおしゃれなスカーフ使いをご紹介します。

スカーフ使いの初心者でも手軽なバッグのアクセント

前述のようにスカーフに苦手意識のあった私が、「これなら私にも」と思ったのがこちら。ドイツ出身のシャーロットさんのバッグのアクセントにしている、スカーフのアレンジ。

いつものバッグがなんだか新鮮に楽しめるのも嬉しいですね。特に春先は、日中はバッグにつけて、気温の下がる夜には防寒として首に巻いても重宝しそうです。

パリの女性に学ぶ、長く愛せるアイテム選びと自分らしいお洒落>>

定番サイズを首に結んで小粋な雰囲気に

先週ご紹介したエルザさんも、スカーフ使いが印象的だったお一人。「エルメス」のきれい色のスカーフを効かせることで、春らしい雰囲気に。このクラシックな巻き方が、定番トレンチの装いをおしゃれに昇華しています。

おしゃれ経験豊富なマダムのさりげないショール使い

最後のお一人は、大人の余裕を感じさせるフランソワーズさん。こちらはスカーフというより大判ショールですが、首回りにラフに結んだだけで、コーディネートがぐっと引き立つ、巻き物使いのお手本のような着こなし。

色はコーディネートになじむトーンをチョイスしながら、華やかな柄でメリハリをプラス。さすが、装いに合わせた色柄の選び方も秀逸です。

今どきナチュラルVS華やかシックなパリジェンヌ母娘の競演!>>

装いに色をプラスしたくなる季節、今改めてスカーフ使いで際立つおしゃれにトライしてみたいと心に思った44歳の春なのでした。

MEMO

色を添えたい春先こそスカーフが重宝

次回は春の気配を感じ始めたパリで、新しい季節のおしゃれをリポート。お楽しみに!

写真/Olivier Leroy

ルロワ 河島 裕子 / Hiroko Kawashima Leroy

ファッションライター

『家庭画報』をはじめ大人の女性に向けた雑誌で、ファッションやジュエリー、時計を中心に幅広く執筆。2018年より、家族とともに、拠点をフランス北部の田舎に移す。2019年夏、ついに憧れのブルゴーニュに家を購入! 夢は夫とともにB&Bを営むこと。家庭画報.comで、パリの第一線で活躍する日本人のルポルタージュ「美を紡ぐ人々」、行き当たりばったりのフランス移住エッセイ「意外となんとかなる!? 40代のフランス移住」を連載中。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年5月号 4月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading