ファッション

トレンドのつもりが若作りに?! 40代に似合う「大人のかごバッグ」とは

迷い世代の服選び 「最近何を着ても似合わない」と悩む“ファッション迷い世代”の女性に向けて、雑誌『家庭画報』で活躍するスタイリストのおおさわ千春さんが、誰でも実践できる服選びのルールとポイントをお届けします。 これまでの記事を読む>>

迷い世代の服選び
かごバッグは安易に選ぶと
「若づくり」に見えてしまう?!

軽やかさと涼感が人気のかごバッグ。リネンなどの、夏ならではの天然素材の洋服とも相性が良く、「夏らしい」洒落感が出るので、これからの季節にぜひおすすめしたいアイテムです。しかし、迷い世代は、「かごバッグなら何でもいい」わけじゃないので要注意!

おおさわ千春 迷い世代の服選び タイトルイラスト
連載「迷い世代の服選び」記事一覧はこちら>>

かごバッグは、ともするとカジュアルになり過ぎたり、時にチープに転んでしまうキケンも。キレイめにも見える「大人のかごバッグ」を選びましょう!

「仕事にも持っていけるかっちりフォルムと、肉厚のレザーがリッチです。意外に収納力もしっかり」。バッグ「スタイリストバッグ」(縦23cm×横27cm×マチ10cm)11万円/エバゴス(マドリガル 電話 06-6361-0281)

レザーとのコンビで差をつける
大人のかごバッグ

若い世代とは一線を画す「大人のかごバッグ」の特徴は、「レザーとのコンビ」を選ぶこと。ストローやバンブーなどの天然素材×レザーとコンビにすることでデザイン性を上げ、かつかっちりとしたフォルムに仕上げたものを選ぶのがポイント。ストローやバンブーがカジュアルなので、フォルムもゆるくというのは「今までのかご」。今季らしい「大人のかご」は、質の良さと、キレイめがポイントです。


同じかごでも、レザーの色味でイメージが変化。黒ならモダンに、ブラウンなら優しい印象に。「デイリーに持ちやすい軽さも魅力です」。バッグ〈左〉「Jour(ジュール)」Black(縦28cm×横35cm(上辺52cm)×マチ15cm) 3万9000円 〈右〉「Bee Mini-Raffia(ビーミニ ラフィア)」Espresso(縦19cm×横25cm(上辺22cm)×マチ12cm)3万9000円/ヴァジック(ヴァジックジャパン 電話 03-6447-0357)

オールレザーにはない軽やかさがありつつ、プライスが手頃になのも嬉しいですよね。こういうシーズンアイテムは、できるだけ早めに取り入れて、長く楽しむのが断然賢い!

「大人のかごバッグ」で、身も心も軽やかに、新しいお洒落を始めてくださいね。


今季は、小さめのバッグがトレンド。「格子柄に編んだ模様がお洒落! サイズも小さめにすると、よりエアリーに」。バッグ(縦17.5cm×横20cm×マチ10cm)5万4000円/ウィークエンド マックスマーラ(マックスマーラ ジャパン 0120-030-535)

▼迷い世代に効く! お洒落のTIPSは下のフォトギャラリーから▼ 記事一覧はこちら>>

おおさわ千春/Chiharu Osawa

スタイリスト

雑誌のほか、映画の衣装デザインや女優のスタイリングなどを幅広く手掛ける。着る人に合わせた的確なスタイリングやアドバイスは、多くの女優からも信頼を得ている。

価格は税抜きです。
撮影/大見謝 星斗 イラスト/大橋美由紀 編集協力/湯澤実和子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年5月号 4月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading