ファッション

40代のレースアイテムは“辛口”に仕上げるとうまくいく!

迷い世代の服選び 「最近何を着ても似合わない」と悩む“ファッション迷い世代”の女性に向けて、雑誌『家庭画報』で活躍するスタイリストのおおさわ千春さんが、誰でも実践できる服選びのルールとポイントをお届けします。 これまでの記事を読む>>

迷い世代の服選び
“辛口”が鍵になるレースアイテム

おおさわ千春 迷い世代の服選び タイトルイラスト連載「迷い世代の服選び」記事一覧はこちら>>

普段は辛口好みの私ですが、実はレースのアイテムが大好き! レースは、「女性を女性らしく」見せてくれる素材ですし、着るだけで、女としての気持ちもアップしますよね。そして、40代に似合う甘辛スタイルを作るのに、ぴったりの素材でもあるのです。

ただし、迷い世代が「全身レース」はtoo much! レースを効果的に使って、格好いいスタイルに仕上げるには、ちょっとしたコツがあります。

色はシックな黒やネイビー
「ストレートライン」にこだわって

普段「甘くない」好みの方が、レースを取り入れるには、黒やネイビーなどのダークな色味やタイトスカートなど、「ストレートなライン」のアイテムを選ぶのがポイント。そもそも女度が高い素材なので、色や形でバランスを取るといいと思います。レースのブラウスなどもいいのですが、前立てと襟はコットン素材になっているなど、総レースでないもののほうが格好良く決まります。スカートをレースにしたら、トップスにはぱりっとした白シャツを合わせるなどして、どこかにメンズライクな要素を加えると、理想の甘辛スタイルに仕上がると思います。


おおさわ千春さんの私物のタイトスカートコレクション。「辛口だけど、女らしさを残したいときには、レースのタイトスカートを。トップスは、黒のライダース+黒タートルや白シャツを合わせて、きりっと着こなすことが多いです」。左からネイビー・ブラックはともにエルマンノ・シェルヴィーノ、(中)ランバン、(右)ヌメロヴェントゥーノ。※すべてスタイリスト私物のため、現在は販売されていない場合がございます。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading