ファッション

今どきナチュラルVS華やかシックなパリジェンヌ母娘の競演!【12月のパリスナップ】

パリ、大人のおしゃれの見本帳 フランス移住2年目のファッションライターがパリの街で体当たり取材! 素敵な女性に声をかけ、着こなしの秘密を探ります。毎日のおしゃれに役立つ、ファッションスナップをお届け。連載一覧はこちら>>

受け継がれる、上質をさりげなく装うパリ流シック


銀行員のセリーヌさん(左)は、休日に母親のフランソワーズさん(右)と仲良くお買い物。セリーヌさんのお買い物エリアは若者に人気の北マレ、フランソワーズさんはリュクスなサンジェルマン界隈がお好きだそう。

パリ、大人のおしゃれの見本帳 28

パリの街で突撃取材を半年以上重ね、お洒落な母娘を嗅ぎつけるスキルが身についてきた私。ナチュラルながらどこかコケティッシュな雰囲気の娘のセリーヌさんと、大胆な色使いからお洒落の経験値を重ねた大人のオーラがプンプン漂うフランソワーズさんに、即座に私の“お洒落嗅覚センサー”が作動! まさにそれぞれの世代を代表するような“パリジェンヌスタイル”です。
母娘でありながら、まったく違った好みをお持ちのお2人。それでいて上質で品のよさが溢れているという共通点は、長く生活を共にしてきた家族だからこそですね。

肩の力を抜いたシックが今の気分

ナチュラル&シンプル派のスタイルが“今のパリ”の空気を感じさせる娘のセリーヌさんの装い。肌触りの良さそうなボリュームストールや、ストラップなどディテールのデザインにひとクセあるトレンチなど、コーディネートはシンプルながら随所にこだわりが。バッグはパリジェンヌに人気の「ジェローム・ドレフュス」をチョイス。パリっ子たちに愛されるベージュと黒でシックにまとめています。

色使いに美的センスを感じるパリマダムのお洒落

母親のフランソワーズさんは、何より色使いと小物使いに個性を感じさせます。まず目を引いたのが、鮮やかなオレンジのフェルトハットとニットトップス。それに調和するストールや靴など、オレンジをキーカラーにアースカラーとのコンビネーションで、豊潤なカラーコーディネートに。
そして思わず見とれてしまったのが、贅沢なジュエリー使い。手元には「ブシュロン」の「セルパンボエム」のリングをはじめ、ラグジュアリーなジュエリーが。

本当にいいものを、これ見よがしでなく自分らしく着こなせてこそ、大人のお洒落なのだなぁ、と2人の装いから感じたファッションウォッチングでした。

MEMO

いいものを自分色に着こなしてこそ大人のお洒落

次回は、秋から冬に街で引き立つ、寒い季節の効かせ色にフォーカス! 12月下旬配信予定。

写真/Olivier Leroy

連載一覧はこちら>>

▼パリジェンヌのスナップは下のギャラリーをご覧ください▼

ルロワ 河島 裕子 / Hiroko Kawashima Leroy

ファッションライター

『家庭画報』をはじめ大人の女性に向けた雑誌で、ファッションやジュエリー、時計を中心に幅広く執筆。2018年より、家族とともに、拠点をフランス北部の田舎に移す。2019年夏、ついに憧れのブルゴーニュに家を購入! 夢は夫とともにB&Bを営むこと。行き当たりばったりのフランス移住エッセイ「意外となんとかなる!? 40代のフランス移住」を同サイトで連載中。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading