ファッション

仲良しマダムと孫娘、トレンチ&デニムの素敵なリンクコーデ【11月のパリスナップ】

パリ、大人のおしゃれの見本帳 フランス移住2年目のファッションライターがパリの街で体当たり取材! 素敵な女性に声をかけ、着こなしの秘密を探ります。毎日のおしゃれに役立つ、ファッションスナップをお届け。連載一覧はこちら>>

祖母&孫娘競演! おしゃれ心は世代を超えて

パリスナップ トレンチ
南仏のリゾート地、トゥーロンからお買い物にやって来ていたマリーさん(左)とマリー=リュンヌさん(右)。共通のアイテムをリンクした息の合ったコーディネートに仲良し母娘かと思いきや、仲良しお祖母さま&孫娘でした! マリー=リュンヌさんはお買い物に行くときは、いつもファッションアドバイザーであるお祖母さまのマリーさんと一緒なのだそう。

パリ、大人のおしゃれの見本帳 25

人通りの多いサン・ジェルマン大通りで、息の合ったスタイルがひときわ目を引いたこのお2人。なんとお祖母さまと孫娘という仲良し家族でした。何しろ、その仲の良さがコーディネートににじみ出ています。トレンチコート、デニム、黒のショートブーツ、そしてストールと、共通アイテムをリンクしながら、互いの世代にふさわしいコーディネートに仕上げています。

スパイシー小物で、王道スタイルにフレッシュさを

アートスクールでファッションを学ぶ学生であるマリー=リュンヌさん。


ブーツ型ピアスやはと目がアクセントになったバッグのハードなディテールで、王道のトレンチスタイルをスパイシーに味つけしています。

カジュアルアイテムをエレガントに着こなすマダムの貫禄

一方のマリーさんは、短め丈のトレンチコートに鮮やかな赤いニット、そしてボリュームのあるゴールドジュエリーをコーディネート。成熟したマダムならではの風格を感じさせつつも、ロールアップのデニムにショートブーツを合わせて、時代の空気感も意識。なんとこの若々しさで御年70歳というから驚きです!

異なる感性を持つ世代だからこそ、互いに刺激し合いファッションを進化させることができる、そんなお洒落の奥深さを教えてくれた素敵な2人でした。

MEMO

異世代からの刺激で新しいお洒落を発見!

次回は、ヴィンテージアイテムを今風に着こなす女性のスタイリングをウォッチ。11月26日配信予定。

写真/Olivier Leroy

連載一覧はこちら>>

▼パリジェンヌのスナップは下のギャラリーをご覧ください▼

ルロワ 河島 裕子 / Hiroko Kawashima Leroy

ファッションライター

『家庭画報』をはじめ大人の女性に向けた雑誌で、ファッションやジュエリー、時計を中心に幅広く執筆。2018年より、家族とともに、拠点をフランス北部の田舎に移す。2019年夏、ついに憧れのブルゴーニュに家を購入! 夢は夫とともにB&Bを営むこと。行き当たりばったりのフランス移住エッセイ「意外となんとかなる!? 40代のフランス移住」を同サイトで連載中。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading