ファッション

秋冬のおしゃれ度を上げる「ショート丈アウター」。大人が着るならこんな一着

迷い世代の服選び 「最近何を着ても似合わない」と悩む“ファッション迷い世代”の女性に向けて、雑誌『家庭画報』で活躍するスタイリストのおおさわ千春さんが、誰でも実践できる服選びのルールとポイントをお届けします。 これまでの記事を読む>>

迷い世代の服選び
ロング丈より着映え力あり? ショート丈アウターのすすめ

秋もだんだん深まってきましたね。厚手のコートを着る前のこの時期に、とても重宝するのがショート丈のアウターです。今季流行のボリュームボトムスとのバランスも良く、スカート丈もミディアムからロングまで合わせやすいのが利点。セレクトのポイントは、「色」と「丈」。「厚めのカーディガン」を選ぶような感覚で、長く羽織れるアイテムを探しましょう。

おおさわ千春 迷い世代の服選び タイトルイラストこれまでの記事を読む>>

「中途半端」はダメ!
丈は長いか、短いかの2択

多くの方は、アウターを選ぶとき「ヒップが隠れる丈」を選びがち。短めでもヒップの真ん中くらいまでをカバーできると安心……と考えがちですが、これはNG! 中途半端な丈は、引きの目線で見るとバランスが悪く、美しく映えません。アウターの丈は、長いか、短いかの2択。ウエストあたりまでのショートか、膝下まであるロングかのどちらかにしたほうがバランス良く見えます。


大きな襟がフェミニンなダブルフェイスのショートコート。「顔周りに襟があると華やかに見えます。レーストップスとワイドパンツを合わせて、“格好いい女らしさ”を表現して」。
ショートコート23万5000円 レーストップス5万9000円 パンツ6万9000円 バッグ10万9000円 シューズ9万2000円/すべてヌメロ ヴェントゥーノ(イザ フリーダイヤル0120-135-015) バングル4万円/ペリーニ ピアス3万5000円/ドナテラ・ペリーニ(ともに日本橋三越 本館3階ミグジュアリー 電話03-3274-8248)

40代になって腰回りのボリュームが気になってきたという方も、中途半端な丈のアウターで「隠す」ともっさり見えてしまうので、潔くショート丈を選んで全体のバランスを整えることをおすすめします。
関連記事:誰でもスタイルアップが叶うトップスとボトムスの黄金比>>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading