ファッション

2WAYや4WAY 幾通りに使えるのも魅力。メゾンの伝統が息づく新たな造形[ルイ・ヴィトン]

ルイ・ヴィトンのネオスクエア

[特集]令和初の秋到来!厳選15ブランドで選ぶ 3つのお出かけシーンを彩る最愛バッグ 秋は気候もよく友人や家族との街歩きから小旅行、ガーデンでのティーパーティやワインを味わう集いなど予定が目白押しの楽しい季節。それぞれのシーンで自分らしさを表現してくれる、人気ブランドの最新作からとっておきの「デイリー」、「トラベル」、「パーティ」用のバッグを厳選しました。

「ルイ・ヴィトン」の2019年秋冬コレクションに登場したバッグは、新鮮なフォルムや素材使いで注目を集めそうなものばかり。幾通りかの持ち方が楽しめるのも魅力です。新型のキューブ型バッグから、おなじみのモノグラム・キャンバスを使用したもの、ツイードジャケットとお揃いで持てるものまで3シーンのマストハブをご紹介します。

[デイリーバッグ]マチもあり、収納力に優れた4通りで楽しむキューブ型バッグ

ルイ・ヴィトンのネオスクエア

傷つきにくい素材なので、まさに毎日愛用するバッグに最適。ブラックはどんな装いにもシックに映えます。バッグ「スクエアー」(幅18×高さ16×マチ15㎝)34万3000円

お出かけのときに、必要なアイテムを美しく収めてくれる上エレガントに見せてくれる──何かと荷物が多い成熟世代にとっては、実用とお洒落を兼ね備えた理想的なデイリーバッグです。

革新的なキューブ型は、2018年春夏コレクションで提案されたバッグを再解釈し、よりエッジィな表情に生まれ変わったもの。ルイ・ヴィトンの伝統的なヴィンテージエンベロープ(封筒)がインスピレーション源になった、前面のフラップにはスマートフォンやパスケースなどが入れられて便利です。

メゾンのトランクを象徴するS字型ロックがクラシックなアクセント。幾何学的な構造と異なり、しなやかな素材感で体にしっくりなじむのもポイントです。さらに、レザーハンドルに加えて、長さの調節ができるクロスボディレザーストラップが付属しているので、4通りの持ち方が可能!

ハンドキャリー、エルボーキャリー(肘にかけて持つ)、ショルダーキャリー、クロスキャリー(斜めがけ)とコーディネートや出かける場所に合わせて変幻自在に楽しめます。

ルイ・ヴィトンのネオスクエアサブカット

程よいサイズ感で、マチ幅もしっかりあるので必要なアイテムを無理なく収納できるのも嬉しいところ。素材違いも揃うので、お気に入りを吟味してみてください。

 

[トラベルバッグ]旅先でアクティブに動ける大人のクロスボディ

ルイ・ヴィトンのタンバリン

長さの調整ができる長めのストラップがついているため2WAYで装うことができます。バッグ「タンブラン」(幅18×高さ15×マチ8㎝)18万8000円

今や、トレンディな旅スタイルを完成させてくれるキーアイテムのひとつが「クロスボディバッグ」。いわゆる“斜めがけバッグ”です。

この「タンブラン」は、カジュアルかつフェミニンな丸みのあるフォルムが上品さを醸してくれるので、旅先のさまざまなシーンで活躍するはず。コンパクトにもかかわらず、マチもしっかりあるので収納力にも優れています。

タイムレスな魅力を放つモノグラム・キャンバスは、もともとルイ・ヴィトンのトランク用に生まれた素材。耐久性と撥水性があり、表面に傷がつきにくい特徴もトラベルバッグ向きと言えるでしょう。長さ調節ができるストラップは短めにすればショルダーキャリー、長めにすればクロスボディキャリーと2WAYになります。

ルイ・ヴィトンのタンバリンのサブカット

片手で持てるサイズ感で、旅のパートナーバッグにぴったりです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年11月号 10月1日(火)発売

「赤坂」の魅力をたずねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading