ファッション

旅の達人たちに教わる「旅先での“場”にふさわしい品格ある装い」とは?

旅の達人たちに教わる 極上の旅スタイル第1回(全6回) 快適に、存分に旅を楽しめるかどうかは、その仕度にかかっています。行き先と、現地でのTPOを想像しながら、“ふさわしい”ワードローブを揃えること─。そこで今回は、3人の旅の達人(阿部永里子さん・佐藤治子さん・池坊美佳さん)にご登場いただき、豊富な経験からたどり着いた、各々の旅スタイルの極意を伺いました。

旅の達人(阿部永里子さん)のワードローブ拝見
5泊7日でフィレンツェへ

公私ともにヨーロッパへの渡航が多い阿部永里子さん。装いや振る舞いが重要になる地でのラグジュアリーな旅を一層快適にするのは、「家族に代々受け継がれる、旅仕度の心得」でした。

阿部永里子さん

阿部永里子さん(モラビト ジャポン副社長)
モラビト ジャポン代表取締役副社長でスイス、フランスへの留学経験がある欧州通の阿部さん。公私含めヨーロッパには年に数回訪れるそう。総刺繡がゴージャスなコートジャケットは、お母さまの知人であるインド人デザイナーが手がけたもの。「さっと羽織るだけで華やかになりますし、必ず褒められます。出会うかたの印象に残るのも嬉しいですね」。

旅先での、“場”にふさわしい装いは 母に教わりました

ひいお祖父さまが外交官として赴任していたこともあり、代々ヨーロッパと縁の深い阿部さん。

阿部さんとお洒落なお母さま

ヨーロッパのホテルに到着したときはもちろん、いつも『アルマーニ』のジャケットを着こなしているというお洒落なお母さま。「その影響で私も日常からジャケットスタイルが多いですね」と阿部さん。

現在の仕事も関わりが深いことから、公私含め年に数回は訪れます。先日もお母さまと二人旅に行かれたばかり。

「ヨーロッパの旅では、服装一つでいかに心地よく過ごせるかを、母や祖父母から教わりました。エレガントな着こなし、格を感じさせる小物づかいなど、装いに気を配ることで旅はより豊かなものになります」と阿部さん。

母娘旅行でのスナップ

「昨年訪れた母娘旅行でのスナップです。パリのホテル・リッツにて。クリスマスシーズンの華やかな設いが美しかったです」

「例えば、『人に預けるコートは必ず上質なものを』というのは曾祖父の教えです。特にヨーロッパのホテルやレストランでは、服装で個人を判断されることが多いので、『正当に扱われたいならそれなりのものを着なさい』といわれてきました。

また、話し方もゆっくりと、を心がけるよう教わりました。そのほうがエレガントですものね」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年9月号 8月1日(木)発売

北欧の美しき暮らしを訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading