ファッション

雨の日が待ち遠しくなる!匠の技が生きたレイングッズシリーズ

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

山梨県で150年以上続く織物の老舗「槇田商店」。創業以来の高度な技術を用いて服地やファッショナブルな傘を生み出しています。

その槇田商店がテキスタイルデザイナーのKanna Ugaiさんとコラボレーションし、レイングッズシリーズ「repel.(リペル)」を発表。

傘

同社が得意とするジャカード織の傘地で、折り畳み傘(傘の直径95センチ、重さ150グラム、1万円)、レインポンチョ(幅140×着丈90センチ、1万5000円)などを作りました。

織り

極細の糸で織り上げた生地は、上品な光沢があり撥水性も抜群。パープルピンク、グリーンピーコックなど、鮮やかな配色の6種が揃います。

ほかに、かばんカバー(幅40×マチ16×全長70センチ、3800円)もあり、お揃いで持ちたくなる美しい逸品です。

Information

表示価格はすべて税抜きです。

「家庭画報」2019年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading