ファッション

意外と難しい「白シャツ」の選び方。40代は“シンプル+α”で着映えるのが正解!

迷い世代の服選び 「最近何を着ても似合わない」と悩む“ファッション迷い世代”の女性に向けて、雑誌『家庭画報』で活躍するスタイリストのおおさわ千春さんが、誰でも実践できる服選びのルールとポイントをお届けします。 これまでの記事を読む>>

迷い世代の服選び
意外と難易度が高い!? 白シャツの選び方

どんな年代の方にとっても、白シャツはワードローブの要となるアイテム。

一枚で着るのはもちろん、ジャケットのインナーとしても活躍する白シャツは、何枚あっても重宝するもの。私が迷い世代のマストアイテムとして最初におすすめしたいのは、“シンプル+α”の「着映え力の高い白シャツ」です。

 連載「迷い世代の服選び」記事一覧はこちら>>

2枚目、3枚目の白シャツは
“シンプル+α”で着映える!

シンプルな白シャツは既にお持ちでしょうから、2枚目、3枚目として選ぶことを前提にお話しますと、ずばり、同じ白でも「表情のある白シャツを選ぶ」のがポイントです。

ちなみに、オーソドックスなシャツの選び方は、連載第6回「『命の第3ボタン』でシャツを完全攻略」でご紹介しているので、ぜひご一読ください!

ベースはシンプルでありつつ、甘すぎない程度にフリルがあしらわれていたり、レースが部分使いされているシャツがあると、着映え力が一気に高まります。 1枚で着た時に華やかなのはもちろん、ジャケットから見え隠れしたり、脱いだ時にハッとするような遊びや工夫があるデザインだとベストです。

「長め丈」と「ダーツ」に
こだわると、より美しく見える!

迷い世代なら、丈にもこだわりを。オーバーブラウスにしてパンツやデニムに合わせてもバランスがよく、インにした時にも裾が出ないよう、少し長めの丈を選びましょう。

また、ウエスト位置にダーツが入っているシャツは、ボディラインを美しく見せてくれるだけでなく、裾が出にくいという利点も。

最近は、ビッグシルエットのシャツが流行していますが、身幅がありすぎるとボディシルエットが大きく見えてしまうので、ボトムスとのバランスに気をつけてください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading