ファッション

ファッションが「マンネリ化」しているなと思ったら?

迷い世代の服選び 「最近何を着ても似合わない」と悩む“ファッション迷い世代”の女性に向けて、雑誌『家庭画報』で活躍するスタイリストのおおさわ千春さんが、誰でも実践できる服選びのルールとポイントをお届けします。 これまでの記事を読む>>

ファッションが「マンネリ化」しているなと思ったら?

迷い世代の服選び40回
服装が“マンネリ化”していると思ったら?

「今季新しく買った服なのに、“いつもと同じ”に見えてしまう」――迷い世代になると、こんな悩みを持つ方が多くいらっしゃいます。これから3回にわたって、「服装のマンネリ化」について考えてみたいと思います。

大人のファッションが
マンネリ化するのは当たり前

いつも似たような服を選んでしまう、もしくは違うものを着てみようと買ってはみたものの結局着ない、という悩みは、自分の好きなスタイルがある程度決まってきた迷い世代なら、ある意味、当然のことかもしれません。

でもね、大丈夫! 「最近、なんだかマンネリ化しているな」と感じるということは、自分自身も何かしら不満に思っているということなのです。実は、こういう気持ちが、お洒落を進化させていくためには、とっても大事!

マンネリ化が気になったら、
どうすればいい?

マンネリを脱するために必要なのは、今までのスタイルを180度変えることではなく、幅を広げることですから、ためらわずに少しだけ冒険してみてほしいと思います。 今まで培ってきた「こうじゃないと落ち着かない」というスタイルをキープしながら、ほんの少し変えることを意識するだけで、印象は驚くほど変わって見えるものですから。

“あれ? なんか今日違う?”
周りの反応が、新しい気づきのヒントに

「脱・マンネリ」の第一歩……それは、「人から褒められる」ことだと私は思います。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年11月号 10月1日(火)発売

「赤坂」の魅力をたずねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading