ファッション

ボリューム&大判がトレンド!スタイリストが教える“買い”なストール6選

おしゃれプロ直伝のストールアレンジ術 コートを纏うには少し早いこの季節こそ、ストールが大活躍!ラフに巻いたようで、洗練されたスタイルに仕上がるアレンジ術を、スタイリストの若狭惠美さんに伺いました。

今シーズンのトレンドはボリューム&大判!

カシミアをはじめ起毛素材のストールは、防寒になると同時に、ニットジャケットスタイルをぐっとお洒落にアップグレードしてくれる冬のおしゃれの強い味方。今季買うならどんなストールがおすすめか、スタイリストの若狭恵美さんに教えていただきました。

ロングストール

大判のロングストールは、トレンチコートやロングカーディガン代わりに初秋の羽織りものとしても活躍。表情豊かなフリンジ使いや両面で柄が異なるリバーシブルタイプなど、個性が光るストールが一枚あれば、マンネリになりがちな冬のアウターが、ぐっと洗練された印象に。

グレーのカシミアにチベットラムのファーをあしらったストールは、肩に掛けるだけでリュクスな雰囲気を醸します。ストール(75×210㎝)4万5000円/アソース メレ(アイネックス)

【このストールにおすすめのアレンジ術】
ベルトを使ってジレ風に>>

 

ふわりとした乳白色のカシミアが顔まわりを明るく演出。レザーのトリミングが上質感を醸すとともに、巻き方次第で躍動的な流線を描きます。ストール(70×190㎝)4万円/アソース メレ(アイネックス)

【このストールにおすすめのアレンジ術】
“きちんとしない”がコツな1ループ巻き>>

 

片面は今季のトレンドでもあるシックなグレーのグレンチェック、もう片面は温かみのあるオータムレッドのタータンチェックというリバーシブルデザイン。両面を見せるように巻くと立体感が生まれます。ストール(70×200㎝)2万5000円(参考価格)/アルテア(アマン)

【このストールにおすすめのアレンジ術】
簡単なのにツウっぽい1ループ1結び>>

 

シクラメンの花のようなドラチックなパープルは、顔まわりに華やぎをもたらします。あえて切りっぱなしのようなヘムの表情がカジュアルリッチな印象をもたらします。ストール(50×190㎝)2万5000円(参考価格)/アルテア(アマン)

 

薄手大判ストール

軽やかな薄手のストールは、バイアスに折って様々な使い方が楽しめます。ジャケットの下にライナーのように纏っても、スヌードのようにコンパクトに首もとに巻いてもさまになります。多色使いのタイプを選ぶとコーディネートの差し色として活躍します。

アースカラーをベースに、落ち着いたトーンのカラフルな配色で地図を描いた絵画のようなデザイン。ストール(145×170㎝)3万9000円/ファリエロ・サルティ (アッシュ・ペー・フランス)

 

チェック柄の中にドットが舞うグラフィカルな一枚。クラシックな印象の中にも、配色やドットのアクセントによってモードな薫りを感じさせます。ストール(140×170㎝)4万2000円/ファリエロ・サルティ(アッシュ・ペー・フランス)

【このストールにおすすめのアレンジ術】
薄手ストールがぺたんとしない方法>>

 

◾️お問い合わせ
アイネックス 電話03-5728-1190
アッシュ・ペー・フランス 電話03-5778-2022
アマン 電話03-6805-0527

若狭惠美/Emi Wakasa

スタイリスト

女性誌を中心にファッションをはじめ、ゴルフ、ウエディングなど、幅広い分野で活躍。シンプル&エレガントで、小物を生かしたスタイリングを得意とする。ゴルフのファションショーでのMCやネットTVでのファッション解説などにも出演。プライベートでは6歳になる女の子ママ。
http://www.emi-wakasa.com/
Instagram:@wakasa422

若狭恵美さんによるストールのアレンジ術

今シーズンの“買い”ストール6選
ベルトを使ってジレ風に
・“きちんとしない”がコツな1ループ巻き 10/10up
・ストールを「ラフで格好よく」巻くには?10/11up
・薄手ストールがぺたんとしない方法 10/12up

表示価格はすべて税別です。

撮影/八田政玄 構成・文/樺澤貴子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading