ファッション

【スカーフの結び方】上品な「ボウタイ風」は結び目の位置がポイント

スカーフのアレンジ術 秋分を過ぎ、次第に朝晩の空気や太陽の光に秋の気配が色濃くなるこの季節。コーディネートのひと匙のスパイスとして、スカーフのお洒落を楽しんではいかがでしょう。ちょっとしたコツでぐっと洗練された印象になる小粋なスカーフの巻き方を、スタイリストの若狭惠美さんに伺いました。

ひし形や長方形などロングタイプのスカーフが最適

首にひと巻きして、手前で結ぶだけという最もベーシックな巻き方です。

ポイントは結び目の位置。「今季流行の装いに合わせるなら、上めで結んで少しクラシックな印象に仕上げるのがおすすめです。逆に下めで結ぶとラフな表情をもたらします」とスタイリストの若狭惠美さん。

セーター、シャツ、ワンピースなど、様々な服と合わせやすいアレンジです。下の写真でプロセスを確認してチャレンジしてみてください。

●使用したスカーフ
ブラウン系のタータンチェック柄に、フォレストグリーンの縁取りが大人の表情をもたらす一枚。定番のトレンチコートから今年らしい煉瓦色のセーターまで幅広く活躍。スカーフ(長さ180㎝、ウール×シルク)2万8000円(参考価格)/アルテア(アマン 電話 03-6805-0527)

若狭惠美

スタイリスト

女性誌を中心にファッションをはじめ、ゴルフ、ウエディングなど、幅広い分野で活躍。シンプル&エレガントで、小物をいかしたスタイリングを得意とする。ゴルフのファションショーでのMCやネットT.Vでのファッション解説などにも出演。プライベートでは6歳になる女の子ママ。
http://www.emi-wakasa.com/
Instagram:@wakasa422

撮影/八田政玄 構成・文/樺澤貴子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 12月1日(土)

3種同時発売!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading