ファッション

「第3ボタンの位置」が鍵だった!40代が素敵に見えるシャツの選び方

迷い世代の服選び
第6回「命の第3ボタン」でシャツを完全攻略

迷い世代の服選び

「自分に似合うアイテムの選び方」の2回目は、シャツについて。前回お話ししたジャケットの下には、シャツを着ますよね?  ジャケットと同じくらい、シャツのサイズ感は大切です。

シャツほどオーダーがお得なアイテムはない

何を隠そう、私は大のシャツ好き。

いつも自分の身体や好みに合うよう、セミオーダーで作っています。セミオーダーというと、高額で手が届かないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば、私がいつもお願いしている「HAYAMA SHIRTS 本店」なら、3万円くらいで作ってもらえます。

既製のシャツとそんなに価格は変わらないので、是非シャツはオーダーで作ることをおすすめします。今回は、何度も失敗を重ねて、ようやく行きついた私のこだわりをお届けしたいと思います。

第3ボタンの位置で、首の長さが見違える

皆さんは、シャツのボタンをどこからかけていますか? 私は第2ボタンまではかけず、3番目のボタンからかけると決めています。

必然的に第3ボタンの位置がとても重要になってくるので、「命の第3ボタン」と呼んで、その位置には人一倍こだわっています。

好みや体型にもよりますが、第3ボタンの位置はできるだけ深めがおすすめです。かといって下着が見えてしまうのは論外ですから、谷間のギリギリ上くらいに第3ボタンがあるのが綺麗ですね。

深いVアキの効果で、首の長さが出て小顔に見え、バランスが良く見えます。

シャツの時には、ネックレスで華やかさをプラスしますが、第3ボタンがある程度下にあると、縦長のラインが強調されて、更に美しく見えます。

オーダーするときは、まず第3ボタンの位置を決め、それを基準にほかのボタンの間隔を決めていくと、自分にぴったりフィットする開き具合になりますよ。

以前お話したとおり、上半身のスタイリングはその人の印象を大きく左右します。命の第3ボタン、だまされたと思って、とことんこだわってみてください。

迷い世代のおしゃれルール:
「命の第3ボタン」があなたのシャツ姿を輝かせる

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading