ファッション

梅雨でもお洒落を楽しむには? 普段の装いに+1点、雨に備えるアイテムを

〔迷い世代の服選び〕人気スタイリストが教える、より豊かにファッションを楽しむヒント

毎週月曜日に配信している連載「迷い世代の服選び」。毎月の最終週は、スタイリストおおさわ千春さん流の “物との付き合い方”から、より豊かにファッションを楽しむヒントをお届け。今回は、雨に備えて持っておきたい素敵なレインアイテムをご紹介します。前回の記事を読む>>

第12回 雨でもお洒落に、ポジティブに過ごすには

太陽がまぶしい季節もいよいよ目前ですが、梅雨明けまではもう少しかかりそう……。最近は夏になっても突然豪雨に見舞われることがあり、お出かけの際に困ったという方も多いのではないでしょうか。

雨はお洒落の大敵。初めから濡れてもよい格好で出かけるのも一つの手ではありますが、
きちんと備えておけば、雨でもファッションを楽しむことができますし、気持ちにも余裕が生まれます。

今回は、普段どおりの装いをベースに、1点取り入れることで雨の日の気分をポジティブにしてくれるようなレインアイテムをご紹介しますね。

雨の日も足どり軽く
晴れても履きたくなるシューズ

雨のたびに悩まされるのが靴選び。もちろん、しっかりと備えるなら長靴が安心ですが、今回は「普段履いていても素敵で、実は雨の日もOK」という、ある意味2wayで楽しめるようなシューズをピックアップしました。

全体を一色でシックにまとめたブラックと、甲とかかとにメタリックな意匠を効かせたシルバー、どちらもコーディネートの幅が広く、手入れもしやすいため、雨の日のみならず普段から活躍してくれる。「サイドに入ったスリットは見た目に軽やかなだけではなく、蒸れや水気を逃がしてくれるのもうれしいポイントです」。パンプス各4万9500円/ともにサルヴァトーレ フェラガモ(フェラガモ・ジャパン)

濡れても安心なPVC素材のパンプスは「サルヴァトーレ フェラガモ」のもの。アイコニックな「ヴァラ」がついた、フェミニンさときちんと感のあるデザインは、パンツスタイルはもちろん、スカートやワンピースに合わせた甘めの装いにもよく合います。

一流ブランドでありつつ、雨の日でも履けるパンプスって意外とないものですし、オンの日なのに雨……という時に備えて持っておくべきアイテムだと思います。足入れのスムーズさやフィット感は「さすがフェラガモ!」と感じるはず。

〈左〉シャープなつま先と高めのヒールが雨靴らしからぬ上品な雰囲気。「ショート丈なのでパンツでもスカートでも好相性です」。ブーツ2万1450円 〈中〉ロゴが入ったナイロンのリボンがアクセント。表面に光沢のある仕上がりのものも。ローファー1万7600円 〈右〉ネイビー×白のコンビカラーがかわいいペニーローファーは合わせを選ばない正統派なデザイン。ローファー1万6500円/すべてハンター(ハンタージャパン カスタマーサービス)

1856年創業で160年以上の長い歴史を持つ「ハンター」。長靴で有名なブランドですが、私がハンターに抱く印象は、高い機能性を持ちながらもクラシックなたたずまいで、あくまでファッションの流れの中で取り入れられるアイテムが豊富にあるということ。

アウトドアやスポーツ系のブランドにもレインアイテムは多数ありますが、それらとは一線を画す上品さが、大人の装いにマッチするポイントだと思います。

上写真の3足はどれも普段履きできそうなのに防水性はばっちり。雨の日のお出かけの強い味方になってくれます。

お気に入りの服やバッグを守る
持っていると安心な“カバー” アイテム

「ポロ ラルフ ローレン」は便利なレインアイテムも豊富。実用性もうれしいですが、おなじみのポニーの刺繍が入っているだけで気分が上がりませんか?

〈中〉カラフルなレインコートはパッカブル仕様で持ち運びにも便利。「バサッと全身を覆えるのでボリュームのある服を着ていても安心です」。コート各1万1000円

〈左下〉「傘を差していてもバッグが濡れてしまうことって多いと思います。レザー素材の場合、それが色落ちや水跡の原因にも。『レインバッグ』は、ありそうでなかった“バッグのためのレインコート”。一見大きめのエコバッグのようですが、生地には撥水加工が施され、愛用のバッグを雨から守ってくれます」。レインバッグ各3300円

〈右下〉濡れた折り畳み傘を入れるトートはショッピングや観劇の際に活躍。「長い傘用のビニール袋は用意されていても、折り畳みは行き場に困ることが多いですよね。内側が吸水性と速乾性に優れた素材で、傘がぐっしょり濡れるのも防ぎます」。傘袋トート各2970円、中に入った折り畳み傘各9900円/すべてポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)

雨の日に欠かせない傘は特別な1本を

雨の日に必ず持ち歩くからこそ、傘はこれぞというお気に入りを見つけたいもの。今、私が注目しているのは、名門ブランドの透明傘です。

一般的なビニール傘とはひと味違う上質さとデザイン性に加え、カラフルなものが多く、選ぶ楽しみが広がります。そして、ついつい目線が下がってしまう雨の日も前を向けるのがいいですね!

今年、イギリスの老舗「フルトン」からはエリザベス女王の在位70周年「プラチナ・ジュビリー」を記念した特別なデザインが登場。イギリス王室御用達として指定されているハンターでも、お洒落な傘を見つけました。6月は女王の誕生式典も行われ、現地は大盛り上がり。そんな特別な年のムードを傘で楽しんでみてはいかがでしょう?

〈右上〉鳥かごのような深張りの形が特徴的な「バードケージ」は、女王が公務の際にも愛用されるモデル。「私も購入した限定デザインはノーブルな紫色で、記念の年を祝福する王冠のマークがあしらわれています」。 〈右下〉「花や犬がちりばめられたデザインはつい広げて眺めたくなってしまうほど綺麗でかわいい! 持っていれば雨の日が待ち遠しくなりそうです」。傘各6600円/すべてフルトン(ヴァルカナイズ・ロンドン) 〈左〉ハンターからは鮮やかな配色の傘が。こちらも深張りで、しっかりとしたフレームとはりのあるビニールが頼もしい。傘各8250円/すべてハンター(ハンタージャパン カスタマーサービス)

備えあれば憂いなし。雨でこそ活躍するお気に入りのアイテムがあれば、憂鬱になりがちな梅雨時期の服選びもポジティブに捉えられるはずです。物の力を借りつつ、前向きにお洒落を楽しみましょう!

●お問い合わせ

フェラガモ・ジャパン
フリーダイヤル 0120-202-170

ラルフ ローレン
フリーダイヤル 0120-3274-20

ヴァルカナイズ・ロンドン
電話 03-5464-5255

ハンタージャパン カスタマーサービス
フリーダイヤル 0120-563-567

おおさわ千春/Chiharu Osawa

スタイリスト。
雑誌のほか、映画の衣装デザインや女優のスタイリングなどを幅広く手掛ける。着る人に合わせた的確なスタイリングやアドバイスは、多くの女優からも信頼を得ている。

表示価格はすべて税込みです。

撮影/大見謝星斗

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading