ファッション

ラルフ ローレン コレクションのグレージュで、カジュアルをワンランク上質に

〔迷い世代の服選び〕40代からのコーディネートに必要なトレンドアイテム

自分らしいスタイルの中に、トレンドを賢く取り入れたい――そんな迷い世代の女性に、スタイリストのおおさわ千春さんが、今季おすすめのアイテムをご紹介するこの連載。第25回は、おおさわさんが「大好き!」と言う、ラルフ ローレン コレクションのグレージュアイテムをご紹介。大人に似合うラグジュアリーなカジュアルスタイルを提案します。
前回の記事はこちら>>

第25回 大人カジュアルに映える、ラルフ ローレン コレクション

迷い世代の日常服こそ、
色、素材感、着心地を重視して

40代になると、とたんに難しくなってくるのがカジュアルなデイリースタイル。「何を着たらいいのかわからない」というご相談をよくいただきます。私にとって、カジュアル=ラフではなく、どこかにきちんと感や品の良さがあることが絶対条件。

ポイントとなるのは、色・素材感・着心地の3項目。この3つがしっくりこないと居心地が悪く、リラックスできませんよね。日常着だからこそ、自分が着たときに気分が上向き、機嫌よく過ごせることが大事だと思います。

私にとって、この3項目を満たしてくれるブランドがラルフ ローレン コレクション。20代前半の頃から愛用していますが、年齢を重ねることで自分のスタイルが少しずつ変わっていっても、やっぱり戻ってくる「原点」というべきブランドのひとつです。

仕事柄もあり、毎シーズン必ずランウェイをチェックしていますが、今季発表されたグレージュのワントーンルックを見たときは、「私の大好きなスタイル!」とこのブランドへの愛が再燃。ラグジュアリーなデイリーウェアに、グレージュというシックで上品な色がマッチしていて、「この秋冬はラルフ ローレン コレクションが着たい!」という気分になりました。

もしも、今、カジュアルで迷っている方がいらしたら、ぜひチェックしてみてください。では、実際に私が恋に落ちたアイテムをご紹介しますね。

ワンピースにも羽織りにも!
トラッドな“正統感”が新鮮

私が一目惚れしたのが、スエード×ヘリンボーン柄のニットのカーディガンドレス。前身頃はスエード、その他は柔らかなニット地で、リラックス感がありながら上品な、私の理想のカジュアルを体現したアイテムです。ヘリンボーン柄のニット地がトラッドで、育ちのいい“正統感”が漂うところも私好み。そのままワンピースとして着ても、前を開けてカーディガン風に羽織っても、シーンに合わせて着られるのがうれしいです。

ラルフ ローレン コレクションおおさわさんが大好きなグレージュ系のワントーンでシックに。「顔まわりが寂しく感じる色なので、同系色の柄スカーフや、ゴールド系のアクセサリーを合わせると華やぎます」。カーディガンドレス30万6900円 中に着たニット11万2200円 ベルト3万7400円 バッグ「The RL50」 ミニ(横20×縦15×マチ12㎝) 21万8900円 ブーツ20万9000円/すべてラルフ ローレン コレクション(ラルフ ローレン)

大人になった今だから似合う
フェアアイル柄の上質ニット

大人になった今、改めて着てみたいのが、少女の頃に着ていたようなフェアアイル柄のニット。パーカは滑らかなニットにシルクをブレンドし、ゴールドの極小スパンコールを散りばめて華やぎを出したデザイン、裾がリブ編みになったラウンジパンツは100%カシミヤ。

ともに上質な素材がベースになっているからこそ、カジュアルでも品がありますよね。こういうデザインの場合は上質な素材かどうかが、ラグジュアリーなカジュアルに見えるか、ラフなスタイルに見えてしまうかの分かれ道です。

小物はスエード素材のバッグとブーツ。「大人カジュアルには、上質な素材の小物を合わせると、くだけ過ぎずきれいめに仕上がります。ニットの質感には、マットなスエードが好相性。小物まで同じトーンでまとめると今季らしいスタイルに」。ニット21万2300円 ニットパンツ17万1600円 バッグ「ウェリントン」(横20×縦16×マチ6㎝)15万4000円 ブーツ12万9800円/すべてラルフ ローレン コレクション(ラルフ ローレン)

遊び心を添える
グレンチェック柄の小物

ともすると単調になってしまいがちなグレーやグレージュ系のワントーンコーディネートのアクセントになるのが、こんなグレンチェック柄の小物。レザー×布帛のバッグはレザーだけよりも遊び心があって、これを主役にコーディネートを考えたくなる存在感がありますね。私自身も、異素材コンビのバッグはまだ持っていないので、是非手に入れたいなと思っているところです。

ラルフ ローレン コレクションブランドの創業50周年を記念して作られたアイコンバッグ「The RL50」は、ラルフ・ローレン氏の個人の旅行鞄からインスピレーションを得たデザイン。イタリアの工房で手仕事で仕上げられていて、ベルト付きのシルエットと優雅な弧を描くバートップラインが特徴。「デイリーに持つのにちょうどいいサイズ感。滑らかなスエードのブーツと同柄のハンチング帽を合わせて」。バッグ「The RL50」(横30×縦25×マチ16㎝)29万5900円 ブーツ14万1900円 帽子5万6100円/すべてラルフ ローレン コレクション(ラルフ ローレン)

このブランドには、ずっと変わらぬ「スタイル」があり、数10年前に買ったアイテムと最新のコレクションを合わせても、違和感なくなじんでしまうのが素晴らしい。身も心も成熟した大人の女性が、余裕をもって着こなすからこそ格好いい日常着だと思います。

私も、ラルフ ローレン コレクションをさらっと着こなせる女性をイメージして、人間力を磨いていかないと、ですね!

●お問い合わせ
ラルフ ローレン
フリーダイヤル 0120-3274-20

おおさわ千春/Chiharu Osawa

スタイリスト。
雑誌のほか、映画の衣装デザインや女優のスタイリングなどを幅広く手掛ける。着る人に合わせた的確なスタイリングやアドバイスは、多くの女優からも信頼を得ている。

〔迷い世代の服選び〕40代からのコーディネートに必要なトレンドアイテム

トレンドのシャツは、首とデコルテの見え方で選びましょう

この春のシャツ選びは「ネックラインの開き具合」がポイント

女性らしさを楽しむ「揺れるスカート」 

大人のニットは「華やかなディテール」のあるものを

トレンドの「ピンク」、大人ならどうコーディネートする?

大人が素敵にデニムを着こなすためのコーディネート術

気分が上がる! あなたに似合うフラワープリント攻略法

雨の日が好きになる、ポジティブなお洒落グッズ

シンプルな夏ワンピースを、お洒落に着こなすコツ教えます

夏シューズは軽さと歩きやすさで選びましょう

半袖の季節にこそマスターしたい、バングル&ブレスレットの着こなし

お洒落が決まらない? ならば今すぐストールを投入しましょう

2021年秋、職人技が結集した、唯一無二のシャネルのバッグが欲しい!

2021秋冬の注目株はフェラガモ! 美しさに機能性を備えたバッグが気になります

2021年秋、グッチで見つけた本命バッグ! バンブーハンドルのカラフルなトート

トッズに学ぶ、この秋らしいカラーコーディネート法

今年の秋、お洒落な人が注目しているのは、優しくて暖かいブラウン

「何を着ていいかわからない」季節は、ライトなコートに頼る!

ダークトーンの服が多くなる秋は、「時計」で色を効かせるのがお洒落

触れるたびに幸せになる、もこもこ質感の小物たち

今年買うなら、何通りもの着こなしが楽しめるワンピースがおすすめ

マックスマーラで運命のコートに出会う

今季らしい装いに欠かせない、最旬ショートブーツ

柔らかくて優しくて暖かい……大人の肌にはカシミヤニットが必要です

ラルフ ローレン コレクションのグレージュで、カジュアルをワンランク上質に


「迷い世代の服選び」記事一覧はこちら>>

表示価格はすべて税込みです。

撮影/大見謝星斗 編集協力/湯澤実和子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading