ファッション

コートの下に着るインナー・ダウンで、寒い日も快適に

スタイリストのおおさわ千春さんが大人の女性が手にすべき「本物」をご紹介するこの連載。ご自身の体験談をもとに、迷い世代の日常に必要な“ブランドの力”をどう取り入れるべきかを指南いただきましょう。第33・34回は、おおさわさんが冬を暖かく乗りきるために欠かせないという、モンクレールのダウンジャケットをご紹介します。

〔迷い世代の服選び〕
40代にこそ効く「ブランド力」
第33回 モンクレール

そろそろ、本格的な寒さがやってくる季節になりましたね。皆さんは、凍てつく日、コートの中に何を着ていますか? 私は、10年程前に、モンクレールの薄手のダウンジャケットに出合って以来、インナーとしてトレンチやウールのコートにレイヤードするのが定番になっています。

おおさわさんの真冬のレイヤードスタイル。4~5年前に購入したモンクレールのトレンチの下には、10年ほど前から愛用し続けているという、こげ茶の長袖のダウンを重ねて。「トレンチ1枚じゃ肌寒い日でも、下にダウンを着れば暖か。袋に入れて持ち歩けるので、旅行にも重宝しています」(すべておおさわさん私物)

気温によって、ダウンを手軽に着たり脱いだりできるのが、とにかく便利で。極寒のロケも、このおかげで、震えることなく乗りきっています。

プロ仕様だったダウンを
モードなアイテムに

今でこそ、インナーに着るダウンはポピュラーなアイテムになりましたが、私が10年前くらいに、折りたたんで巾着に入れて持ち歩けるパッカブルのダウンジャケットを初めてモンクレールで見つけたときは、「うわ! こんなに軽くて小さい袋に入るダウンがあるなんて!」と感激したのを覚えています。

1959~60年の商品カタログの表紙。ユニークなグラフィックがいかにもフランスらしい。

モンクレールは、1952年にアルプスの麓にあるフランスのグルノーブル郊外の小さな村で創業。ブランドのアイコン的存在であるダウンジャケットは、工場の従業員の防寒具として改良した寝袋に、世界的なアルピニスト、リオネル・テレイが目を留め、高山用の装備として、モンクレールの前身であるラミヨン社に開発を依頼したことからスタート。

8000m級の氷河の山で、世界的なアルピニストたちの身を包み込むウェアとして、また、一流のスキーヤーが愛用するスキーウェアとしてその名を知られるようになります。

世界的アルピニスト、リオネル・テレイ。1964年アラスカにて。

1968年にはフランスのアルペンスキーチームのオフィシャルサプライヤーとなり、グルノーブルで行われた冬季オリンピックにも参加。

1980年代に入ると、プロの愛用品として認知されていたモンクレールを、世界のモード誌がファッションとして取り入れて話題に。その後、機能性にファッション性をプラスし、ダウンジャケットの新しい世界を確立したのです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading