ファッション

場面や装いに合わせてカスタマイズできる、大人の理想バッグ

スタイリストのおおさわ千春さんが大人の女性が手にすべき「本物」をご紹介するこの連載。ご自身の体験談をもとに、迷い世代の日常に必要な“ブランドの力”をどう取り入れるべきかを指南いただきましょう。第22回は、進化し続けるフェンディの「ピーカブー」の楽しみ方について。前回の記事はこちら>>

〔迷い世代の服選び〕
40代にこそ効く「ブランド力」
第22回 フェンディ

「ピーカブー」を既にいくつか持っているのに、新作が出るたびに思わず買ってしまうのは、「こう来たか~」と心が浮きたつサプライズがあるから。バッグの素材遣い、外側と内側の色のコンビネーション、それらに加えてキュートなチャーム、交換できる装飾ストラップ、取り外し可能な別売りの内ポケットなどなど……。

しかも好きなレザーと金具を自由に組み合わせて、世界に1つの「ピーカブー」を作る「メイド・トゥ・オーダー」もあるから、楽しみは無限大。気分が上がる新たなアイディアが満載なのです。

アイテムを加えて自分好みに
カスタマイズする楽しみ

「ピーカブー」の良さは、シーンに合わせて“自分流”にカスタマイズできるところ。開口部の開け閉めでイメージがガラッと変わって見えるので、1つで2つの表情を持っているのが嬉しい。

たとえばカジュアルに持つなら片側の口を開けてチャームをつけたり、ストラップを替えて服の色やイメージに合わせてみたり。両側のクロージャー(留め金)を閉めればコンサバなファッションの日や、きちんとした装いをしなければならない場でも持てます。

とにかくいろいろなシーンに合わせられるのが魅力なのです。この秋冬もバージョンアップしたアイテムが揃っているので、ご紹介しますね。

次の定番色にしたい
大人のカーキ

バッグ「ピーカブー アイシーユー ミディアム」(縦25.5×横33.5×幅13㎝)48万8000円(予価・2021年1月発売予定) スカーフ「ラッピー」2万円 ストラップ(上)「ストラップ ユー」9万9000円(予価・10月発売予定) (下)9万5000円/すべてフェンディ(フェンディ ジャパン)

黒の次の定番色としておすすめしたいのがカーキ。カーキのバッグって、持っていない方が多いと思いますが、実はすごく使えるオールマイティな色。黒はもちろんグレー、ネイビー、ベージュなど、どんな色の服にも合いますし、日本人の肌や髪色にも映える色だと思います。

深く“スマイル”する口を開けるとのぞくのは、優しいピンクベージュ。よく見ると内側にボタンがついているのがわかると思いますが、この部分に別売りのインナーポケットを取り付けると、ちらっと見える色や柄を替えることができる仕組みになっています。

ポケットにはイニシャルのホットスタンピングを施すことも可能。ストラップを変えたり、ボウタイ風のスカーフをつけたりとカスタマイズが楽しくて仕方なくなること請け合いです。

外側の素材によって、
口の開き方が変わる

「ピーカブー」はクロージャーを開けて内側を見せるデザインが特徴ですが、実は外側に使われている素材によって、口の開き方も見え方も変わります。
バッグ(右)「ピーカブー アイシーユー ミディアム」(縦25.5×横33.5×幅13㎝)48万8000円 別売りポケット3万7000円 スカーフ5万2000円 バッグ(左)「ピーカブー アイシーユー イーストウエスト」(縦18.5×横29×幅12㎝)43万1000円/すべてフェンディ(フェンディ ジャパン)

今季新しく登場したソフトな質感(黒)と、硬めに仕上げた革(茶)。どちらも2つに分かれたアコーディオンフレームが特徴です。ソフトカーフは口が大きく開くので、取り外し可能のインナーポケットをパイソンにチェンジすることでまったく違う表情に変身。

茶のほうは今までになかった硬さのあるカーフ素材と低めサイズが新しい。口の開き具合も控えめで、かっちりしたタイプなので、カジュアルよりはフェミニンな装いにフィットします。革によっていろいろな「口の開き方」が楽しめるので、ぜひチェックしてほしい部分です。

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading