ファッション

男性へのギフト選びは「心を入れ過ぎない」ことが大事!? その理由は…

迷い世代の服選び 「最近何を着ても似合わない」と悩む“ファッション迷い世代”の女性に向けて、雑誌『家庭画報』で活躍するスタイリストのおおさわ千春さんが、誰でも実践できる服選びのルールとポイントをお届けします。 これまでの記事を読む>>

クリスマスシーズンももうすぐ。1年間お世話になった方にギフトを差し上げようと思っている方も多いはず。今回から2回にわたって、ファッションスタイリストという立場から「ギフト選び」をテーマにお伝えしたいと思います。

おおさわ千春 迷い世代の服選び タイトルイラスト連載「迷い世代の服選び」記事一覧はこちら>>

迷い世代の服選び
男性のギフトは「実用的なもの」が鉄則

第1回は男性へのギフトがテーマです。ここでいう「男性」とは、ビジネスでのお付き合いや友人など、「特別な関係ではない男性」を想定しました。異性へのプレゼントは、一歩間違えると誤解を生む原因にもなりかねないので、難しいですよね? 私は、メンズギフトは、実用的なモノが一番だと思っています。さらに私の場合は、スタイリストという仕事柄、お酒などの“消えモノ”よりも、やはりファッション小物を贈りたい。

エトロのスカーフ
スーツスタイルのポイントになるポケットチーフは、気の利いた贈り物。「1枚が4色になっていてどこでも使えるので便利です」。別配色あり。ポケットチーフ1万6000円/エトロ(エトロ ジャパン 電話03-3406-2655)

「相手が、あまり好き嫌いなく使ってくれて、
かつ、あまり意味がないもの」がモノ選びの基準

例えばネクタイは、奥さまか恋人が贈るものと相場が決まっていますよね。そういう、“特別な意味”がないものにするよう、心がけています。喜んで使ってもらえるモノを差し上げたいけれど、心を入れ過ぎて選ぶと重過ぎる……メンズギフトの場合は、その匙加減が難しいから、モノ選びも難しいのです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading