時計

オーデマ ピゲの本社、スイス・ジュウ渓谷で 体感した伝統と革新の時計作り

本社内の修理工房には数々の名作アンティークが持ち込まれます

オーデマ ピゲは、修理体制が万全です。100年以上前のアンティーク時計がここに持ちこまれることも多いとのこと。創業間もない頃から制作した時計のパーツを各モデルごとに管理しており、どんなに古い時計でも完全に修理をするのです。もし過去のパーツが欠品していた場合は、一からそれを制作する技術も継承されています。

創業間もない頃の懐中時計や、ミニッツリピーターを搭載した1830年代のリング時計。

 

私も実際に時計づくりを体験させてもらいました!

今回のプレスイベントでは、時計工房に入り、実際に時計づくりの現場を体験。美しい時計を生み出すにはディテールへのこだわりであると実感。緻密な手作業の工程が本当に多いのです。

ジュウ渓谷の森で“自分だけの香り”づくりを体験

取材2日目。本社訪問の後は、ジュウ渓谷の丘の上の山小屋レストランに。これぞスイスな牧歌的な雰囲気で歓迎していただき、昼食後、向かったのは、ジュウ渓谷の森の中。今回のイベントテーマの一つ「ネイチャー」に沿い、森からのインスピレーションで自分だけの香水を調合する「森の香り」づくり体験へ。

 

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月28日(金)発売

開運・招福別冊付録つき!『家庭画報』2019年2月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading