時計

美しく煌めくサファイアケースが目印! “世紀”を超えて輝き続けるタイムジェムズ〔センチュリー〕

〔特集〕
あの最高峰時計はなぜ愛されるのか?vol.2|05

【特集】あの最高峰時計はなぜ愛されるのか? 家庭画報.comが最高峰時計ブランドの“愛される理由”を徹底分析。各ブランドから、歴史や性能を楽しめる「入門時計」、私のスタイルにフィットする「定番時計」、いつかは欲しい「夢時計」の3本をご紹介します。特集トップはこちら>>

「センチュリー」とは――

1966年、スイス・ビエンヌ近郊で誕生した「センチェリー」。
「美しさと耐久性を調和させた時計」を理想に掲げた時計技師ハンス・ウルリッヒ・クリンゲンベルグにより創業されました。彼は真空時計の発明や、世界20か国以上で特許を取得したブランド独自開発の“メガリス”構造のサファイアケースにより、ジュエリーウォッチにも10気圧防水を保持するなど、ブランドの独自技術を開発しています。

創業者のハンス・ウルリッヒ・クリンゲンベルグは、数々の発明により既に有名な存在でした。社訓は“Beyond imagination”(想像を超えて)。社訓どおりに、真空時計やセンチェリーサファイアなど、今までにないクリエイティブな時計を生み出しました。

「センチェリー」の歴史を語る上で欠かせない、1959年発明のバキュームウォッチ(真空時計)。時計のケース内を真空にすることにより、ムーブメントの埃や湿気、水圧や気圧の変化から完璧に保護する技術を開発し、時計の耐久性を高めることに成功。その後特許を取得しました。

 

ブランドの代名詞「サファイアケース」

「センチェリー」といえば、宝石のように輝くサファイアケースの腕時計が有名です。
機械式時計の本場のスイスはクォーツショックの余波で、1970年代は次世代の時計開発が盛んな時代でした。ハンスは常に永遠の美しさを可能にする耐久性に優れた素材の特性を研究し、ダイヤモンドに近い硬度を持つ、当時の最先端素材サファイアクリスタルに注目。そしてテクノロジーと宝飾職人の技術を集結させ、自然の宝石のようにどんなフォルムにもカットができて、カラーも変えられる素材を創り出すことに成功、「センチェリーサファイア」と命名しました。

2000℃以上の熱を加えてできた「センチェリーサファイア」は、カッティング部門のアトリエで熟練の宝飾職人がハンドカッティングし、微妙な調整をほどこしてケースを完成させます。カッティングのバリエーションは数えられないほど! センチェリーが創造した数々のカットもあります。

その後、ハンスの息子フィリップが会社を継ぎ、「時を告げる宝石(タイムジェムズ)」と称されるにふさわしい「センチェリーサファイア」の女性向けコレクションを充実。日常使いからフォーマルまで、それぞれのシーンに似合うデザインを揃え、女性の手元を華やかに彩ります。ブランド名が語るべく、“世紀(CENTURY)を超えても輝き続ける時計”を目指しているのです。

Information

センチェリー銀座ブティック

〔特集〕あの最高峰時計はなぜ愛されるのか?

表示価格はすべて税別です。
撮影/サトウアサ 取材・文/磯 由利子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 12月1日(土)

3種同時発売!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading