ジュエリー

プロが教える、ジュエリーを買うときに気をつけたい5つのこと

ジュエリーのショーケース

3.遊びがてら複数のお店を見て回ること

そして、欲しいものを探すために色々なお店を見て回ることです。

見るべきお店というのは種類と価格帯にもよりますが、東京でもせいぜい百貨店を含めて10軒くらいです。

お店巡りをしているうちに、ルビーのイヤリングにはどんなものがあるのか、幾らくらいするのか、お店がどんな説明をするのかもわかります。

4.見て回るのは友人と一緒で、買う時は一人で

こうしたお店巡りは、友達と遊び半分でやるのが一番ですし、途中で食事でもしながらすれば結構楽しいものです。ジュエリーについての知識も増えますし。

しかし色々と意見を集めるのは良いのですが、どれを買うかについては、あなた一人で決めること、それが大事です。他人と相談しないほうが良いと思います。

これはあくまでも私見であり、私の長年の経験から思うのですが、こうした場合の知人・友人のアドバイスは、あまり役に立たない、むしろ的外れなことが多いと思います。

もちろん例外はあるでしょうが、自分が使うものは自分で決める、これは大事ですよ。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading