ジュエリー

購入後、いい値段で「売れる」ジュエリーとは一体どんなもの?

ダイヤモンドの鑑定

交換価値が高いジュエリーその1
「宝石の品質が“一定”以上である」

交換価値を持つジュエリーは、大別して2種類あります。

一つ目は中石、つまりジュエリーの真ん中にどーんとセットされている大きな宝石が一定以上の品質のものです。

世界的に売れるのは、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドの4種。東洋で人気があるのは翡翠。これに準ずるのは、キャッツアイ、アレキサンドライトですが、世界的に見れば最初の4種よりは難しい。

しかも品質が、ダイヤモンドの場合にはD、E、Fカラー以上で、クラリティはVVS2以上、それでまあ3ct以上でしょうか。

ルビーとサファイアでは非加熱が条件で、ルビーは2ct以上、サファイアなら10ct以上でしょうか。

エメラルドは、油などの含浸のないもので、5ct以上。

専門家によっては色々とご意見はあるでしょうが、大きくは違わないと思います。

それも、必ず海外の鑑定・鑑別機関の発行した書類が付いていることが必須で、日本のなんとか研究所とか鑑別会社などの書類があっても、ここではほとんど価値を発揮しません。これは必ずチェックの必要があります。

交換価値の高いジュエリーその2
「“ごくごく一部”の宝飾店の作品である」

2つ目は、「グランメゾン」と呼ばれる歴史のある宝飾店の作品です。

ざっと見て、現存しているものだけで世界中で10軒ほどありましょうか。 アンティークの世界では、もう廃業したお店のものもあります。個別の名前を挙げるのは何かと差し障りがありますが、大体はおわかりと思います。

こうしたお店の商品で、はっきりと刻印の入ったものは、安定的に売れます。ただ買値に対して、どのくらいの売値になるかは一概には言えませんが、使われている貴金属の値段より高いことは間違いありません。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading