ファッション

愛着や思い出はそのまま、リメイクで生まれ変わったファージャケットに感動!

〔迷い世代の服選び〕人気スタイリストが教える、より豊かにファッションを楽しむヒント

スタイリストおおさわ千春さん流の “物との付き合い方”から、より豊かにファッションを楽しむヒントをお届けします。今回は、前回に引き続きファーのリメイクサービスをご紹介。リメイクを経ておおさわさんのジャケットはどう生まれ変わったのでしょうか。前回の記事を読む>>

第29回 眠っている大切なファー、リメイクしてみませんか(後編)

私にとって、ずっとそばに置いておきたい服の一つだったミンクのファージャケット。片方の袖が大きく色落ちしてしまいショックを受けていたのですが、前編>>ではファーを得意とするブランド「CHIE IMAI」でリメイクをしてみることに。まるでオートクチュール……と驚くほど綿密な工程を経て、ついに完成品が手元に届きました!

元のデザイン(左)から全体的にコンパクトに仕立て直し、首元には色の濃いセーブルのファーをあしらった。「打ち合わせの際にいただいたデザイン画を見ながら、どんな仕上がりになるのだろうと心を躍らせていましたが、想像以上でした」。どのようなリメイクをするかや、ファーの種類によっても変わるものの、すべてミンクで仕上げた場合費用は28~38万円ほど。新たなファーを追加する場合は別途。

単に色落ちしてしまった右袖をカットしたのではなく、畝状に繋ぎ合わせたファーを1度バラバラに解体して新たな服を作っているため、デザインもフィッティングも別物に。おおさわさんのケースでは色落ち範囲が大きかったため、元のジャケットを生かしたファーと新たなミンクのファーを交互に組み合わせてデザイン性を出した。

“今の私”に合った着心地とデザインに感動

袖を通してみて何より感動したのは、体にぴったりと合っていて着心地がいいということ。

リメイク以前のジャケットも本当に気に入っていたのですが、丈や袖が少し長かったり、肩が大きく開いていたためずり落ちやすかったりと、着た際に不安定さを感じる箇所もありました。今回のリメイクでは、元のジャケットを解体し、色落ちしていないパーツを生かして体形に合わせた1着に再構成してもらったので、それらのちょっとした不便さも解消することができたのです。

デザインの面でも、全体的にコンパクトな作りになり、特に丈が短くなったため、よりバランスよくボトムスを合わせられるようになりました。また、首元に色の濃いセーブルのファーをつけてもらったことで、顔周りが締まって見える効果も。目線を上に誘導し、身長を高く見せてくれそうです。

着心地とデザインの両方の意味で、“今の私”にマッチした1着になったことがうれしくて、これまで以上に大事に、長く着続けたい……そんな思いを新たにしました。

リメイクしたジャケットを実際に着るなら?

生まれ変わったジャケットを手にして、私がしたいと思った装いがこちら。ファー以外は黒で統一しつつ、エコレザーのワイドパンツで異なる質感を取り入れました。パンツの艶で少しエッジが効いた印象を作り、コンサバにならないようにしたのがポイントです。

あえて色を絞り、ジャケットを主役にしたコーディネート。「ジャケットのデザインは少し甘めにも見えるので、かわいくなりすぎないようアイテムを組み合わせました」ワイドパンツ3万3000円/プレインピープル(プレインピープル 青山) その他/すべてスタイリスト私物

ジャケットがキャメル色のファーなので、ネックレスは黒とブロンズのビーズが連なるシックなものをチョイス。キラキラのゴールドやシルバーよりも、渋めの輝きのほうが互いを引き立て合ってくれると思いました。

実は以前から、服のサイズ感を自分に合わせて直しながら着る、ということはよくしていたのですが、今回のように全く新しい1着へ作り変えるのは初めての体験。服自体がガラリと変わったことで、「どんな風に着よう」「何に合わせよう」とあれこれ考える新鮮な楽しさがありますし、世界に1つしかない自分だけのコーディネートが組めるという特別感は代えがたいものですね。

大切なファーと長く付き合うために

「CHIE IMAI」のリメイクサービスでは洋服以外のアイテムへのリメイクも可能です。元になるファーの面積にもよりますが、1着のコートからジャケットとバッグを作ったり、複数のファーアイテムを1枚のクッションカバーにすることなどもできるそう。ファーに詰まった思いや記憶はそのまま、自分のライフスタイルに合わせて使い続けることができます。

複数のファーを組み合わせて、クッションカバーやベッドカバーのようなインテリア用品にリメイクすることも可能。

さらに「CHIE IMAI」では日本初というファー・レザー専門の自社保管庫を設置。室温10℃以下、湿度約50%という理想的な環境で預かるサービスも行っています。日光や蛍光灯などの光、ほこりといったファーやレザーが痛む原因からも守られ、大切な服をいつまでも美しく着続けるための心強い助けに。

実際にファーのリメイクを体験してみて、私はこの年齢でのリメイクには特別な意味があると感じました。それは過去に浸るわけではなく、年齢を重ねる中で自分が手にしてきた大切なものたちを、“これからの自分”にとって価値あるものとして残し続けるということ。

クローゼットに眠っている服に、リメイクという選択肢でもう一度息を吹き込んでみてはいかがでしょうか。きっと人生を豊かに彩る1着になってくれるはずです。

●問い合わせ先
CHIE IMAI 帝国ホテル店
電話 03-3503-6344

プレインピープル 青山
電話 03-6419-0978

おおさわ千春/Chiharu Osawa

スタイリスト。
雑誌のほか、映画の衣装デザインや女優のスタイリングなどを幅広く手掛ける。着る人に合わせた的確なスタイリングやアドバイスは、多くの女優からも信頼を得ている。

迷い世代の服選び 記事一覧

運命の1着に今こそ出会う。DIORのシンデレラ・ジャケットと、ジャストフィット・デニム

春のおしゃれにこのアイテムを投入! 肩の力を抜いて楽しむ、リラックスボーダー

グラフで見つける、運命のダイヤモンドリング

白スニーカーの汚れ、諦めていませんか? お気に入りを綺麗に長く履くために、プロの力を借りましょう

あのフェンディとヴェルサーチェが? ファッション史上初の試み「フェンダーチェ」に注目

初夏から大活躍! 涼やかで美しいレースを、お洒落にコーディネート

この時計にふさわしい女性とは? つける人を選ぶ、ブレゲの一生ものウォッチ

手元のお洒落は爪の先までワンセットで! 互いを引き立て合うジュエリーとネイルの選び方

ますます進化していくタイムレスな名品、ボッテガ・ヴェネタのバッグ

大人の余裕が薫るリネンシャツ。着るほどになじんで、シワさえも美しい!

パールのネックレスこそ、真の「一生もの」。自分に必要な1本を、迷わず選ぶ自信はありますか?

梅雨でもお洒落を楽しむには? 普段の装いに+1点、雨に備えるアイテムを

160年以上に及ぶメゾンの歴史を巡る展覧会「SEE LV」。さらにルイ・ヴィトンが好きになる!

今年の秋冬の一大トレンド! 装いをアップデートさせる「ふかふかバッグ」を大人が選ぶなら?

大人だからこそ意識したい、一流ブランドの「サステナブル」なアイテムに今、注目!

早い者勝ち!シャネルの「華やかなツイード」で彩られた、バッグ、ブローチ、コスチュームジュエリー

お洒落をアップデート! この秋、大人が取り入れるべき「プリント服」 3タイプ

この先20年以上着られる1着。アルマーニの「メイド トゥ オーダー」で、一生もののジャケットを

装いのスパイスにぜひ取り入れて。アクセサリー感覚で楽しむツイリー活用術!

大人だからこそ似合う「可愛い」が見つかる、エルメスの小物

最旬トレンド、「ボリュームのある厚底シューズ」の履きこなし方を教えます

人気スタイリストがベルギーで出会った、「一生ものバッグ」デルヴォーの物語

大人の女性にこそ似合うシルバージュエリー。 選び方とつけこなしのポイントは“存在感”です

年齢を重ねたからこそ似合う、普段着のメンズライクな時計「パシャ ドゥ カルティエ」

この秋冬の最大トレンド、モノトーン。黒と白の「カラー配分」が洗練コーディネートの秘訣

「コート大臣」スタイリストおおさわ千春さん直伝。現在のあなたに似合う一生ものコートの探し方

“今の私”に合わせて思い出のファーがよみがえる。 大切な服こそリメイクという選択肢を


「迷い世代の服選び」記事一覧>>

表示価格はすべて税込みです。

撮影/大見謝星斗

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading