ファッション

「コート大臣」スタイリストおおさわ千春さん直伝。現在のあなたに似合う一生ものコートの探し方

〔迷い世代の服選び〕大人になった“今の自分”に、栄養を与えてくれる服とブランド

気持ちも、体型も変化していく40代以降。大人だからこそ似合う服を知りたいという迷い世代の女性に、スタイリストおおさわ千春さんがおすすめするブランドやアイテムを紹介します。

第27回は、20代を手始めに、必ずおおさわさんのワードローブにスタンバイしてきたというマックスマーラのコートをフィーチャー。コートの色が、その時々の「自分の色」を象徴し、今やおおさわさんの人生に欠かせないアイテムになっている――そんな物語のある「一生ものコート」がマックスマーラなのです。前回の記事を読む>>

第27回 「自分の色」を象徴する、マックスマーラのコート

「コート大臣」と呼ばれるほどコートが大好きで、クローゼットのドアが外れるほど(笑)の数のコートを所有してきました。中でも、ひときわ思い入れがあるのがマックスマーラです。20代で初めて手に入れて以来、30代、40代、50代と、マックスマーラのコートはいつもそばにいて、私の装いの格を引き上げてくれたように思います。

年代ごとに何着も買い足しながら愛用してきましたが、興味深いのが、その時々で一番好きだった、自分のシグネチャーカラーというべき色を選んでいること。20代から30代半ばまではベージュ系、30代後半~40代半ばはブラック、その後はネイビー、チャコールグレー、ライトグレーと変化しながら今に至っています。

選んできたコートは、すべてウールでオーソドックスなデザインばかり。私にとって、マックスマーラのコートは「今日着ていくものの、メインアイテム」であり、装いの軸となるもの。だから知らず知らずのうちに、その時の自分にとってのベーシックカラーであり、手持ちのワードローブとコーディネートしやすい色を選んできたのだと思います。

そして、人生の後半戦を迎えた今、マックスマーラで新たなカラーのコートが欲しいな……と思い始めています。その色とは、象牙色とでも表現したくなるような淡いベージュ。今まではウールがメインでしたが、次に買うなら艶やかな光沢感と独特の畝が美しいカシミヤと決めています。もちろん値が張りますが、そのコートを羽織ることで、残りの人生を楽しく歩いていけることを思えば、その価値があると思っています。それでは、現在の私が惚れた「一生もの」コートを紹介していきましょう。

この先の人生を共にしたい
珠玉のカシミヤコート

マックスマーラのコート「カシミヤのコートは、様々なブランドから出ていますが、遠目からでも“マックスマーラだな”とわかる独特の色味と素材感が大好き」。コート〈右〉背中にフラップがついた、トレンチのディテールを取り入れたデザイン。襟元のボタンをはずすと、少し大きめの襟のテーラードに。80万4100円 〈左〉ベーシックなテーラードで、ボタンのないガウンタイプ。共布のベルトがついています。81万2900円/ともにマックスマーラ(マックスマーラ ジャパン)

今、私がリアルに欲しいと思っているのが、左側の「カシャ」と呼ばれるサンドベージュのコート。このなんとも言えない象牙色のような色味と艶やかな光沢にひと目惚れしてしまいました。右側の「ヘーゼルナッツ」も、大好きな色のひとつ。2つとも、カシミヤ100%のダブルフェイス素材を使用し、ブランドが誇る伝統の技法を駆使して作られています。

マックスマーラ

マックスマーラのカシミヤの特徴は、さざ波のような美しい畝模様。これは表面に「ジベリン(イタリア語で「セーブル」の意)加工」を施すことにより、セーブルの毛皮のような独特の光沢と立体感を出すことによって生まれるのだそう。また、滑らかなダブルフェイスは「ドッピオ・アプリービレ」と呼ばれる、外側から見えない繋ぎの糸により、2枚の生地を縫い合わせる特別な手法で作られています。

この布地は、ミクロ単位の精度を持つ特殊なカミソリで布端を切り開き、内側に折り込んで「クチート・ア・マーノ(手縫い)」で合わせているとのこと。高い技術を有するサルトリアの職人により、10㎝ごとに平均35~40にも及ぶハンドステッチで仕上げられた素材は、まるでオートクチュールのような美しさ。見るからに「いいもの」とわかる、「一生もの」にふさわしいコートです。

きれいめでもカジュアルでも映える
華やかなデザインコート

ストールを巻いたようなショールカラーが華やかなデザインコートは、襟もとのアレンジがきき、きれいめスタイルからカジュアルまで幅広く活躍する「頼れる1着」。バージンウール&カシミヤのブークレー組織のダブルフェイス素材ならではの、柔らかくふっくらとした肌触りが気持ちよく、纏うたびに幸せな気持ちに。ダブルフェイスは先ほどご紹介したカシミヤコートと同様、熟練の職人が手仕事で仕上げたもの。サイドには深いスリットがあしらわれており、動くたびにドラマチックに揺れる様がフェミニンです。

マックスマーラのコートサルトリアの技術を駆使して作られる最高級コートコレクション「マックスマーラ アトリエ コレクション」の1着。「このライトグレーの色味がいいのよね~」とおおさわさん。「グレーのワントーンでまとめた、私的な“王道”スタイル。靴はローファーでもスニーカーでも合いそうなところが、このコートの魅力です」。コート72万8200円 ニット6万2700円 パンツ9万200円/すべてマックスマーラ(マックスマーラ ジャパン)

40年代の映画で見たことがあるような
クラシカルなコート

往年の大女優が纏っていたかのような、クラシカルなデザインは私の“大好物”。バージンウール×モヘア×キャメルをミックスしたネップツイード調ファブリックを、コクーンシルエットに。このコートの存在感を際立たせているのが、袖口にギャザーを寄せ、立体的に仕立てたワイドラグランスリーブ。エレガンスが薫り立つ、タイムレスなコートだと思います。

マックスマーラのコートこちらも「マックスマーラ アトリエ コレクション」のもの。「グローブとつば広のハットを合わせたくなる優雅なデザイン。“こういうコートを美しく着こなせる女性になりたい”と思わせてくれる逸品です」。コート62万8100円 ネックレス9万1300円/ともにマックスマーラ(マックスマーラ ジャパン)

振り返ってみると、私のコートの「原点」は、20代の時に買ったキャメル色のマックスマーラだったなとつくづく思います。あれから数十年が経ち、年齢を重ねてもなお、「好き」の軸は変わっていません。むしろ時間の経過とともに進化しながら、「原点」に立ち返っていくような気がしています。そろそろ、「一生もの」のコートが欲しいと思っている方は、是非マックスマーラに行ってみてください! きっと、「あなた色」を映したコートが見つかると思いますよ。

●問い合わせ先
マックスマーラ ジャパン
フリーダイヤル 0120-030-535

おおさわ千春/Chiharu Osawa

スタイリスト。
雑誌のほか、映画の衣装デザインや女優のスタイリングなどを幅広く手掛ける。着る人に合わせた的確なスタイリングやアドバイスは、多くの女優からも信頼を得ている。

迷い世代の服選び 記事一覧

運命の1着に今こそ出会う。DIORのシンデレラ・ジャケットと、ジャストフィット・デニム

春のおしゃれにこのアイテムを投入! 肩の力を抜いて楽しむ、リラックスボーダー

グラフで見つける、運命のダイヤモンドリング

白スニーカーの汚れ、諦めていませんか? お気に入りを綺麗に長く履くために、プロの力を借りましょう

あのフェンディとヴェルサーチェが? ファッション史上初の試み「フェンダーチェ」に注目

初夏から大活躍! 涼やかで美しいレースを、お洒落にコーディネート

この時計にふさわしい女性とは? つける人を選ぶ、ブレゲの一生ものウォッチ

手元のお洒落は爪の先までワンセットで! 互いを引き立て合うジュエリーとネイルの選び方

ますます進化していくタイムレスな名品、ボッテガ・ヴェネタのバッグ

大人の余裕が薫るリネンシャツ。着るほどになじんで、シワさえも美しい!

パールのネックレスこそ、真の「一生もの」。自分に必要な1本を、迷わず選ぶ自信はありますか?

梅雨でもお洒落を楽しむには? 普段の装いに+1点、雨に備えるアイテムを

160年以上に及ぶメゾンの歴史を巡る展覧会「SEE LV」。さらにルイ・ヴィトンが好きになる!

今年の秋冬の一大トレンド! 装いをアップデートさせる「ふかふかバッグ」を大人が選ぶなら?

大人だからこそ意識したい、一流ブランドの「サステナブル」なアイテムに今、注目!

早い者勝ち!シャネルの「華やかなツイード」で彩られた、バッグ、ブローチ、コスチュームジュエリー

お洒落をアップデート! この秋、大人が取り入れるべき「プリント服」 3タイプ

この先20年以上着られる1着。アルマーニの「メイド トゥ オーダー」で、一生もののジャケットを

装いのスパイスにぜひ取り入れて。アクセサリー感覚で楽しむツイリー活用術!

大人だからこそ似合う「可愛い」が見つかる、エルメスの小物

最旬トレンド、「ボリュームのある厚底シューズ」の履きこなし方を教えます

人気スタイリストがベルギーで出会った、「一生ものバッグ」デルヴォーの物語

大人の女性にこそ似合うシルバージュエリー。 選び方とつけこなしのポイントは“存在感”です

年齢を重ねたからこそ似合う、普段着のメンズライクな時計「パシャ ドゥ カルティエ」

この秋冬の最大トレンド、モノトーン。黒と白の「カラー配分」が洗練コーディネートの秘訣


「迷い世代の服選び」記事一覧>>

表示価格はすべて税込みです。

撮影/大見謝星斗 編集協力/湯澤実和子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading