ファッション

最旬トレンド、「ボリュームのある厚底シューズ」の履きこなし方を教えます

〔迷い世代の服選び〕大人になった“今の自分”に、栄養を与えてくれる服とブランド

気持ちも、体型も変化していく40代以降。大人だからこそ似合う服を知りたいという迷い世代の女性に、スタイリストおおさわ千春さんがおすすめするブランドやアイテムを紹介します。

第22回は、今シーズンのトレンドである「ボリュームシューズ」をフィーチャー。量感のある厚底靴を、大人はどうやって履きこなせばいいのかを、おおさわさんに伺いました。前回の記事を読む>>

第22回 ジェンダーレスな雰囲気の「厚底シューズ」が流行中

皆さんは、もう秋の靴は買いましたか? 今シーズン、「旬の足元」に欠かせない靴として、是非手に入れてほしいのが、ボリュームのある厚底シューズです。

厚底にも様々なタイプがありますが、今季の注目は、ローファーやレースアップなど、メンズライクなデザインのもの。モード界自体、ジェンダーレスやハンサムウーマンといった潮流がメインストリームになっているので、足元もその流れを汲んでいるのです。

私は、厚底のメンズライクなシューズは、「ラグジュアリースニーカー」に代わる、次のトレンドだと考えています。流行のビッグシルエットの服を支えるのにふさわしい、存在感のある足元を作りながら、レザーならではの正統感があるところが大人に丁度いいんです。

トラッドの延長線上で
コーディネートするのがコツ!

迷い世代の皆さんの中には、「今までこういう靴を履いたことがない」とか「どんな服に合わせたらいいかわからない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。実は、私もこういうデザインの靴にトライするのは初めて。上手に取り入れるには、モードやカジュアルに転ばせるよりも、「トラッドの延長線上」でコーディネートするのがポイントです。

例えば、テーラードジャケット+シャツ、テーパードパンツの裾から少しソックスを見せて足元は厚底靴。こんなスタイルがイメージです。オーバーサイズのコートをバサッと羽織って、足元はボリュームシューズというのも格好いいですね。その際、時計はしっかりと「いいもの」をつけるなど、どこかにラグジュアリーなポイントを作ると大人ならではの装いになると思います。それでは、具体的に、おすすめのシューズやコーディネートを紹介していきましょう。

「媚びない」スタイルを作る
パワフルなシューズ

ゴツめのソールが主張するシューズは、足元が主役になれる「強さ」が特徴。ジェンダーレスなテイストの、「媚びない」デザインに惹かれます。この靴を履くだけで旬が薫り、洒落て見えると思います。

厚底ローファー〈右〉レースアップに「ケリー」バックルがあしらわれた「ファースト」。「ジャケットや襟がきちんとあるメンズライクな服に合わせて」。(ヒール高6cm)22万6600円/エルメス(エルメスジャポン) 〈左〉ライニングが総ムートンになった温かな仕様の「ディオール コード」。「白いボアが外側にもはみ出しているところが、ほっこりしていて可愛い。フレアやチュールスカートなど、甘いアイテムにも映えると思います」。(ヒール高1.5cm)16万9000円/ディオール(クリスチャン ディオール)

「重い」トップスを支える
迫力のローファー

この秋冬は、ビッグシルエットのコートやジャケット、ローゲージニットなど「重い」上半身がトレンド。ボリュームのあるトップスと、バランスがいいのが厚底ローファー。今までだったらスニーカーを合わせていたところですが、今季は、メンズライクなローファーが気分です。

厚底シューズ〈右〉長めのノーズがしっかりと足をホールド。「きちんと感のあるジャケットスタイルに合わせて」。(ヒール高3.5cm)13万900円(9月発売予定)/トッズ(トッズ・ジャパン) 〈中〉おおさわさんが個人的に買いたいと思っているのがこの靴。「シルバーにラインストーンのバックルのローファーは、グレーの服に合わせて、遊び感覚で履きたい」。(ヒール高2㎝)17万4900円/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシ カスタマーサービス) 〈左〉すっきりフォルムでエレガントな印象。「秋冬の装いはダークな色になりがちですが、白い靴を合わせると軽やかに仕上がります」。(ヒール高7.5㎝)10万6700円/トッズ(トッズ・ジャパン)

大人の「厚底」は
「キレイめ合わせ」が鉄則

私が考える「足元が主役に見えるコーディネート」の具体例がこちら。モノトーンのシックなスタイルに、プラットフォームのローファーで、足元に「重さ」を出したコーディネートです。大人の場合は、厚底はキレイめな装いに合わせると美しくまとまります。

コーディネート存在感のあるレザーエフェクトラバー素材のプラットフォームソール&ヒール。脚長効果も抜群です。「今季流行のショート丈のパンツを合わせる場合は、マットな黒いタイツで下半身を“一体化”して」。シューズ(ヒール高7.5cm)12万2100円 シャツ6万6000円 パンツ8万6900円 ベルト6万8200円 バッグ30万300円 サングラス3万8500円/すべてトッズ(トッズ・ジャパン) ネックレス(スタイリスト私物)

ボリュームのあるソールの靴に替えると、目線が高くなり、「見える景色」が変わってきます。靴を新調すると、お洒落はもちろん、それ以外でもいろいろな気づきがあることが実はとても大事。新しい靴が、あなたをもっと素敵な場所に連れていってくれますように。

●お問い合わせ
エルメスジャポン
電話 03-3569-3300

セルジオ ロッシ カスタマーサービス
電話 0570-016-600

トッズ・ジャパン
電話 0120-102-578

クリスチャン ディオール
電話 0120-02-1947

おおさわ千春/Chiharu Osawa

スタイリスト。
雑誌のほか、映画の衣装デザインや女優のスタイリングなどを幅広く手掛ける。着る人に合わせた的確なスタイリングやアドバイスは、多くの女優からも信頼を得ている。

迷い世代の服選び 記事一覧

運命の1着に今こそ出会う。DIORのシンデレラ・ジャケットと、ジャストフィット・デニム

春のおしゃれにこのアイテムを投入! 肩の力を抜いて楽しむ、リラックスボーダー

グラフで見つける、運命のダイヤモンドリング

白スニーカーの汚れ、諦めていませんか? お気に入りを綺麗に長く履くために、プロの力を借りましょう

あのフェンディとヴェルサーチェが? ファッション史上初の試み「フェンダーチェ」に注目

初夏から大活躍! 涼やかで美しいレースを、お洒落にコーディネート

この時計にふさわしい女性とは? つける人を選ぶ、ブレゲの一生ものウォッチ

手元のお洒落は爪の先までワンセットで! 互いを引き立て合うジュエリーとネイルの選び方

ますます進化していくタイムレスな名品、ボッテガ・ヴェネタのバッグ

大人の余裕が薫るリネンシャツ。着るほどになじんで、シワさえも美しい!

パールのネックレスこそ、真の「一生もの」。自分に必要な1本を、迷わず選ぶ自信はありますか?

梅雨でもお洒落を楽しむには? 普段の装いに+1点、雨に備えるアイテムを

160年以上に及ぶメゾンの歴史を巡る展覧会「SEE LV」。さらにルイ・ヴィトンが好きになる!

今年の秋冬の一大トレンド! 装いをアップデートさせる「ふかふかバッグ」を大人が選ぶなら?

大人だからこそ意識したい、一流ブランドの「サステナブル」なアイテムに今、注目!

早い者勝ち!シャネルの「華やかなツイード」で彩られた、バッグ、ブローチ、コスチュームジュエリー

お洒落をアップデート! この秋、大人が取り入れるべき「プリント服」 3タイプ

この先20年以上着られる1着。アルマーニの「メイド トゥ オーダー」で、一生もののジャケットを

装いのスパイスにぜひ取り入れて。アクセサリー感覚で楽しむツイリー活用術!

大人だからこそ似合う「可愛い」が見つかる、エルメスの小物


「迷い世代の服選び」記事一覧>>

表示価格はすべて税込みです。

撮影/大見謝星斗 編集協力/湯澤実和子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading