ファッション

大人の余裕が薫るリネンシャツ。着るほどになじんで、シワさえも美しい! 

〔迷い世代の服選び〕 大人になった“今の自分”に、栄養を与えてくれる服&ブランド

気持ちも、体型も変化していく40代以降。大人だからこそ似合う服を知りたいという迷い世代の女性に、スタイリストおおさわ千春さんがおすすめするブランドやアイテムを紹介します。

第10回は、夏本番にぴったりの、リネンのアイテムをピックアップしました。前回の記事を読む>>

第10回 「夏ならでは」を楽しむ、涼やかリネン

夏のリネン、冬のカシミヤ……この2つの素材には、他のどの素材とも違うラグジュアリー感があります。共通しているのは、「季節の楽しみ」だということ。そのシーズンにしかないものを愛でることが、とても貴重で贅沢だということを実感できるようになるのは、心が成熟してきた証し。季節を味わうことは心のゆとりに繋がり、ひいては“日常を慈しみ、丁寧に暮らす”ということに目覚めていくのではないかと思うのです。

今回私がピックアップしたのは、この夏、大人の女性におすすめしたいリネンのアイテム。天然素材であるリネンは、他の素材に比べて吸水性や通気性に優れており、湿度の高い日本の夏にはぴったりです。素肌の上に着てもベタベタせず、しゃりっとした肌触りが心地いいので、私もリネンの服を愛用しています。

そして何より好きなのは、独特のシワ感。ぱりっとアイロンをかけても、着た途端にシワになりますが、これも味となって見えますよね。柔らかく肌になじんでできるシワにほんのりと色香が漂い、大人の余裕が醸し出されるのが何ともリュクス。ラフにリネンを纏って絵になるのは、やはり迷い世代以降の特権だと思います。それでは、具体的にアイテムを紹介していきましょう。

シックな装いを目指すなら
全身をアースカラーでまとめる

今季人気のアースカラーのトーンonトーンのコーディネートがこちら。ブラウン系の場合、小物はゴールドにすると悪目立ちすることなく、程よいアクセントに。ニュアンスのあるグレージュ系の場合は、白、ベージュ、こげ茶あたりの色を合わせると洗練された印象に仕上がります。

リネンのワンピース〈左〉身体に風が通り抜ける、すとんとした形のワンピース。「モカブラウンにはゴールドの小物が好相性です」。ドレス6万6000円/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ カスタマーセンター) バッグ14万1900円 靴9万1300円/ともにジミー チュウ ネックレス11万円 イヤリング2万2000円 ブレスレット8万8000円/すべてドナテラ・ペリーニ(日本橋三越本店 本館3階ミグジュアリー) 〈右〉太めのストライプのシャツワンピースには、白いパンツを合わせて。「ウエストのベルトは内側通しになっていて、背中側は締めないので、ふんわりとしたシルエットに。1枚で着ることも可能です」。ワンピース6万8200円/バルバ パンツ3万7950円/インコテックス(ともにストラスブルゴ カスタマーセンター) バッグ13万6400円 靴10万8900円/ともにジミー チュウ ネックレス8万2500円 イヤリング1万1000円/ともにベリーニ(日本橋三越本店 本館3階ミグジュアリー)

眩い日差しに映える
綺麗色トップス

普段はベーシックカラーしか着ない私ですが、夏のリネントップスだけはヴィヴィッドなカラーを選ぶことも。その理由は、夏の強い日射しの下では、鮮やかな色のほうがかえって涼やかに見えるから。こういう大胆な色のトップスの場合、ボトムスは白一択。色はトップスのみに絞るようにしましょう。

リネンシャツ〈左上・ブルー〉後ろ見頃が長めの丈になった、スタイルアップ効果の高いシャツ。背面の襟の付け根中央部分にタックが入っていて、背中がふわっとしたシルエットに。シャツ4万2900円/バルバ(ストラスブルゴ カスタマーセンター) 〈左下・オレンジレッド〉前後どちらをフロントにしても着用可能。ドルマンスリーブで、ウエスト部分の細い紐が可愛いアクセントに。同色・同素材のキャミソール付き。ブラウス2万9700円/プレインピープル(プレインピープル青山) 〈右下・グリーン〉袖と身頃を縦に走るレーシーな透け感が涼やか。ドルマンスリーブのゆったりしたフォルム。シャツ7万5900円/ミラ・ショーン(コロネット) 〈右上・オレンジ〉おおさわさん自身も愛用しているという定番のデザイン。シャツ1万9800円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)

顔まわりに華やぎをもたらす
ふわりと透けるリネンストール

ストールマニアの私が、見た瞬間に「欲しい!」と思った和光のストール。麻には、リネン:亜麻(あま)、ラミー:苧麻(ちょま)、ヘンプ:大麻(たいま)と種類がありますが、これはつややかな光沢感のあるラミーを使用。繊細な糸を、昔ながらの織機を使って職人が織っているというストールは、吸水・速乾性が高く、使うほどになじんで柔らかくなるのだそう。シルクシフォンのように薄くて軽いのですが、首に巻いたときに細くならず、空気をはらんでふわっと量感が出るので、顔まわりがとても華やかに見えます。

「夏は冷房対策のためにもストールはマスト。これはサイズ感もちょうどよく、軽いので持ち歩くのにも便利です」。ストール各3万8500円/すべて和光

麻のシワ感が、リッチに見えるのか、よれっと見えるのかは、着る人次第。お気に入りのリネンアイテムに出会って、味のあるシワを格好よく着こなせるようになりたいですね。

●お問い合わせ
コロネット
電話 03-5216-6515

ジミー チュウ
フリーダイヤル 0120-013-700

ストラスブルゴ カスタマーセンター
フリーダイヤル 0120-383-563

日本橋三越本店 本館3階ミグジュアリー
電話 03-3274-8248

プレインピープル青山
電話 03-6419-0978

ラルフ ローレン
フリーダイヤル 0120-3274-20

和光
電話 03-3562-2111

表示価格はすべて税込みです。

撮影/大見謝星斗 編集協力/湯澤実和子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading