ジュエリー

80年前に世界を驚かせたミキモトの“組み立て式”ハイジュエリー!

1937年のパリ万博で喝采を浴びたミキモトのアーカイブジュエリーが、ミキモト銀座4丁目本店にて特別展示

ミキモトの創業者である御木本幸吉氏が世界で初めて真珠養殖に成功したのが1893年(明治26年)。2018年は記念すべき125周年を迎えます。

今日における日本の真珠の地位は、御木本幸吉氏の存在なくしては語れません。真珠養殖という技術革新での功績は当然大きなものでしたが、それを美しいデザインとして昇華し、世界に通用する日本独自のジュエリー文化を創りあげたという意味においてもパイオニアといえます。

その結実ともいえるアーカイブジュエリーが帯留「矢車」です。1937年のパリ万国博覧会に出品されたこのマスターピースが、2018年1月25日(木)~2月4日(日)に、ミキモト銀座4丁目本店にて特別展示されます。

時代を象徴するアールデコ様式の芸術的な美しさもさることながら、驚くべきはその“機能”。パーツを分解、組み立てることで、帯留のほかにブローチやリングなど異なる12種類もの使い分けを可能にした“多機能ジュエリー”だったのです。当時の精緻な技術力を示すものとしてもこれは一見の価値ありです!

時を経てオークションにより発掘され、ミキモトの元に再び戻った「矢車」。分解すると、繊細で精密な作りの美しさが見てとれます。各部品は裏側からネジで固定されていますが、付属のネジ1本で簡単に取り外しができ、同形の部品の左右を混同しないように目印がつけられるなど、使い手に優しい作りになっていました。

1937年(昭和12年)に刊行されたカタログ『真珠』No.58にこの「矢車」が掲載。“十ニ種類に御使ひ分け出来ます様に考案”という説明文が書かれています。貴重なこのカタログには商品詳細はもちろん、装飾具の歴史や文化なども紹介され、総合的に真珠の魅力を伝えていました。

1937年に披露された「矢車」を、現代的解釈で新たにデザインしたジュエリーコレクション「YAGURUMA」は1月25日から発売。ペンダント(WG×アコヤ真珠×ダイヤモンド×七宝) 64万円ペンダント(YG×アコヤ真珠×ダイヤモンド×七宝) 61万円ベルト(WG×アコヤ真珠×ダイヤモンド×白蝶貝×クオーツ)2200万円

ブレスレット(WG×アコヤ真珠×ダイヤモンド×白蝶貝×クオーツ)1200万円

 

商品のお問い合わせ/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター

フリーダイヤル0120‐868-254

https://www.mikimoto.com

Information

ミキモト銀座4丁目本店

東京都中央区銀座4-5-5

TEL 03-3535-4611
営業時間 11時~19時
定休日 12月31日、1月1日

表示価格はすべて税別です。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年11月号 10月1日(月)発売!

京都・奈良 錦秋の二都物語

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading