家庭画報の旅

琉球の伝統文化と最高級リゾートを満喫 沖縄 極上のホテルで過ごす休日

本物に出会う家庭画報の旅 2018秋・冬 05

冬の沖縄は、気候が温暖で喧騒も少なく、熟年世代にふさわしい落ち着きがあります。

ラグジュアリーブランドとして世界から信頼される「ザ・リッツ・カールトン沖縄」と、「沖縄の文化を広く深く正しく世界に発信したい」というオーナーの思いが詰まった「百名伽藍」。2つの異なる、しかし最上級のホスピタリティを兼ね備えたホテルに宿泊する「家庭画報の旅」初の沖縄ツアーです。

琉球の伝統文化と最高級リゾートを満喫 沖縄 極上のホテルで過ごす休日

ザ・リッツ・カールトン沖縄
屋外のジェットバスで優雅なひとときを。(写真/大泉 省吾)

リッツの朝食のブッフェでは、琉球料理も豊富に揃う。

旅の中では、日本でいちばん早咲きの寒緋桜の見られる今帰仁城跡や、識名園、斎場御嶽など琉球の歴史に触れる場所にも足を延ばします。首里の「城間紅型工房」では、琉球紅型の継承者である城間さんのご案内で、鮮やかな配色と伝統の模様の紅型の制作について学びます。ゆったりとした時間が流れる大人の沖縄をご堪能ください。

琉球の伝統文化と最高級リゾートを満喫 沖縄 極上のホテルで過ごす休日百名伽藍
南城市の海辺に建つ、琉球文化を味わう大人のためのホテル。

旅のポイント

◆本州の品種とは異なる、寒緋桜と呼ばれる濃いピンク色の花が彩る今帰仁城跡。
◆都会では味わえない沖縄の緑豊かな自然と伝統文化を感じられるラグジュアリーホテル「ザ・リッツ・カールトン沖縄」。
◆全17部屋の美しく整った隠れ宿「百名伽藍」。眼前に広がる海からは日の出・日の入りや久高島を望むことができ、館内には心を静める「禅の門」や琉球王国の歴史を描いた絵画の展示室なども併設。約94㎡以上のスイートルームに宿泊。

~世界が注目する美ら島「沖縄」へ
優雅なリゾートホテルの休日~
「ザ・リッツ・カールトン沖縄」
「百名伽藍」
今帰仁城跡の桜 3日間

【出発日】
2019年1月31日(木)

【コース番号】
29848-695 3名1室(おひとり)
200,000円
(2名1室 20,000円増)

【旅行条件】
ツアーディレクター:同行 バスガイド:同乗 バス会社:那覇バス同等 最小催行人数:12名 定員:定員28名 最小受付人数:2名

【1日目】
羽田(10:30~ 11:00発) → 那覇 → 名護/ザ・リッツ・カールトン沖縄(泊)
※15:30着予定。リッツ・カールトンの日本国内初のリゾートホテル。沖縄本島の中でも特に美しい名護湾を望みながら至福のひとときを。夕食は沖縄の食材を活かした会席料理またはイタリア料理からお選びください。
食事:-/-/夕

【2日目】
名護 → 今帰仁城跡(世界遺産の地に咲く早咲きの寒緋桜) → 百年古家 大家(沖縄そばの昼食) → 斎場御嶽(神聖なる琉球王国最高の聖地) → 南城・百名伽藍(泊)
※全17室、琉球様式の情緒漂うホテル。夕食は琉球会席をお楽しみください。
食事:朝/昼/夕

【3日目】
南城 → 城間紅型工房(ご案内付きで見学) → ザ・ナハテラス(会席料理の昼食) → 識名園(世界遺産の庭園) → 那覇 → 羽田(18:30~19:30着)
食事:朝/昼/-

【宿泊施設】
1泊目 名護「ザ・リッツ・カールトン沖縄」
2泊目 南城「百名伽藍」

●詳細・お申し込み●

詳しい旅行条件を記載した書面をお送りしますので、事前にご確認の上お申し込みください。

※ツアー申込時に同行者のお名前・住所・電話番号・生年月日をお伺いします。ご参加に当たって、特別な配慮を必要とされるお客様は、お申し込みの際に必ずお申し出ください。


[旅行企画・実施]
クラブツーリズム株式会社
TEL:03−4335−6252
※予約時は、コース番号をお伝えください。月曜~土曜 9時15分~17時30分(日・祝は休業)

〒104-0061 東京都中央区銀座2-7-17 ティファニー銀座ビル8階
観光庁長官登録旅行業第1693号[総合旅行業務取扱管理者:大沢千夏] 管理番号81937
旅行業公正取引協議会会員 JATA正会員ボンド保証会員

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading