家庭画報の旅

冬の丹後 神の箱庭「天橋立」 絶景の宿で幻の蟹を味わう旅

本物に出会う家庭画報の旅 2018秋・冬 04

日本海に面し「海の京都」とも呼ばれる丹後は、冬だからこそ訪れてみたい魅力にあふれています。この時季の京都の海の恵みといえば、間人(たいざ)蟹。近海でごく少量しかとれず幻と呼ばれる絶品の蟹は、人を惹きつけてやみません。

本ツアーでは間人蟹をはじめとする海の幸にこだわった名宿に泊まり、ランチも地元の食材を選びぬいた名店をご案内しています。

冬の丹後 神の箱庭「天橋立」 絶景の宿で幻の蟹を味わう旅

間人温泉 炭平
京都府の丹後半島の海に面した好立地にある明治元年創業の旅館。

またこの地方は、約300年の歴史を誇る伝統的な織物の一大産地としても知られ、天橋立や日本海沿岸を走る観光列車など見どころも多くあります。絶景の宿で美食を味わったあとは、丹後地方の魅力の糸を紐解いてみてはいかがでしょう。

冬の丹後 神の箱庭「天橋立」 絶景の宿で幻の蟹を味わう旅丹後の海の荒波にもまれ、身の引き締まった間人蟹(料理一例)。

旅のポイント

◆2泊目の宿泊は、全室に泉質の異なる温泉を備え、「上質な時間の過ごし方」を追求するわずか7室の宿「天橋立離宮 星音」。
◆「間人温泉 炭平」での食事の主役は希少価値の高い間人蟹。蟹刺し、蟹みそ、炭火焼に甲羅焼、しゃぶしゃぶに蟹鍋と続きます。
◆「神の箱庭」と呼ばれる天橋立や、丹後地方の冬の景観をご堪能いただけます。

~食と伝統を紡ぐ冬の丹後へ~
【 全日程7組限定】絶景宿で食す
幻の間人蟹と神の箱庭「天橋立」 3日間

【出発日】
2019年1月30日(水)、2月19日(火)

【コース番号】
29628-695 1日目特別室、2日目スタンダード 客室3名1室(おひとり)
270,000円
(2名1室 10,000円増)

【コース番号】
29629-695 1日目離れ客室、2日目プレミアム 客室 3名1室(おひとり)
280,000円
(2名1室 10,000円増)

【旅行条件】
ツアーディレクター:同行 バスガイド:同乗(2日目) バス会社:東豊観光バス同等 最小催行人数:8名 定員:14名 最小受付人数:2名

【1日目】
東京(9:30~10:00発) → 品川・新横浜 → <新幹線のぞみ号・グリーン車(禁煙)> → 京都 → <特急・指定席> → 天橋立 → <相乗りタクシー約40分> → 間人温泉・炭平(泊)
※15:30 着予定。明治元年創業の老舗旅館。お部屋は全室オーシャンビュー、半露天風呂付きの客室へご案内。夕食は新鮮な間人蟹を堪能するフルコースをご用意。
食事:-/-/夕

【2日目】
間人温泉(9:30 発) → 傘松公園(ケーブルカー乗車/ 天橋立) → 和のオーベルジュ幽斎(和食創作料理。『海の京都・丹後』の魚介・肉・野菜を“90%以上”使い、化学調味料を一切使用せず、『手作りの美味』を追求した地元の旬の味をお楽しみください) → 天橋立温泉 星音(泊)
※15:00 着予定。2017年4月オープンの和モダンな風情漂う宿。客室は、金温泉(露天)・銀温泉(内湯)の2種類の湯が楽しめるお風呂を完備。夕食は間人蟹を含む日本海の新鮮な魚介と自家菜園の野菜を使った会席料理をお楽しみください。
食事:朝/昼/夕

【3日目】
天橋立温泉 → ちりめん街道(語り部とともに散策)…旧尾藤家住宅(丹後ちりめん商家の要素と昭和初期の洋風住宅建築の和と洋の世界が融合した建築を見学) → 欧風ダイニング・クッチーニ(イタリア料理をベースにした『丹後のスローフード』を提供。野菜を中心に、長年培った欧風料理の技術を生かし、食材本来の味を引き出す料理) → 四所 → <観光列車「丹後あかまつ号」> → 宮津 → <特急・指定席> → 京都 → <新幹線のぞみ号・グリーン車(禁煙)> → 新横浜・品川 → 東京(19:30~20:10 着)
食事:朝/昼/-

【宿泊施設】
1泊目 間人温泉「炭平」
2泊目 天橋立温泉「天橋立離宮 星音」

●詳細・お申し込み●

詳しい旅行条件を記載した書面をお送りしますので、事前にご確認の上お申し込みください。

※ツアー申込時に同行者のお名前・住所・電話番号・生年月日をお伺いします。ご参加に当たって、特別な配慮を必要とされるお客様は、お申し込みの際に必ずお申し出ください。


[旅行企画・実施]
クラブツーリズム株式会社
TEL:03−4335−6252
※予約時は、コース番号をお伝えください。月曜~土曜 9時15分~17時30分(日・祝は休業)

〒104-0061 東京都中央区銀座2-7-17 ティファニー銀座ビル8階
観光庁長官登録旅行業第1693号[総合旅行業務取扱管理者:大沢千夏] 管理番号81937
旅行業公正取引協議会会員 JATA正会員ボンド保証会員

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading