国内

水の力、大地の気を全身で感じる開運スポット。戸田菜穂さんと訪ねる「吹割の滝」

一陽来復、美しき、新年の幕開け「しあわせ満ちる開運の地へ」 第2回(全13回) 2020年はこれまでにない混迷が世界中を覆い尽くし、見通しのきかない一年となりました。新しい一年は、心機一転、気持ちを一新し、積極的に福をお招きして、縁起よく迎えていただきたい。そんな願いを込めて――開運へと導く場所と、福を呼ぶ暮らしを紹介します。前回の記事はこちら>>

日本全国47都道府県から、福来たる 開運の地へ

今回、地理風水師の御堂龍児さんに、日本全国47都道府県の“いい気”が流れる場所を厳選していただきました。そのなかの一つ、水の力、大地の気を存分に感じられる「吹割の滝」に、女優・戸田菜穂さんが足を運びます。


群馬県沼田市にある「吹割の滝」は、高さ7メートル、幅30メートルにも及ぶ。ごうごうと水しぶきを立てながら、勢いよく流れる様や、大きな甌穴(おうけつ)は圧巻。雪解け水でさらに滝の迫力が増すのが春。凝灰岩とその侵食地形、渓谷美が評価され昭和11年に天然記念物・名勝に指定された。
スタイリング/菊地ゆか ヘア&メイク/岡田いずみ〈KiKiinc.〉 撮影協力/群馬県沼田市文化財保護課
※水際は大変危険ですので、滝の周りには進入禁止ラインが設けられています。また、冬季閉鎖にご注意ください。

吹割の滝(群馬県)

訪れる人 戸田菜穂さん(女優)

2021年の新年はコロナ禍や災害に対する不安を吹き飛ばすために、どこか運気が上がる場所を訪れたいというかたも多いでしょう。しかし、漫然と人気が高い場所に押しかけるだけでは運は開けないと語るのは、「地理風水」の第一人者として知られる御堂龍児さんです。


御堂 龍児さん(みどう・りゅうじ)
1957年生まれ。大学在学中から東洋の哲学、文化に惹かれ、中国、香港、台湾で中医学、風水を学ぶ。道教の仙人清風道骨老師に師事し帰国後、道場「清静堂」を開く。台湾の奎光派水法開祖黄奎光老師にも師事し、尋龍点穴法による風水鑑定、講演活動を行っている。

「地球も、その分身である山も川も生きています。昨今の災害の激甚化は、人間が自然を敬い、自分も自然の一部であることを忘れないようにという警告です。気のいい場所に行く際には、自然と一体になるような気持ちで訪れ、目ではなく『心の眼』で大地の力を感じることが大切です」

また、何をお願いしたいのかをはっきりさせ、その願いにふさわしい場所を選ぶことも必要です。「欲張らず、今の自分より一歩二歩だけ前進したい、そのために少しお力をお借りしたいと願うのが本当の願掛けです」と御堂さん。さらに、願いが叶った暁にはお礼参りに行くだけでなく、家族や友人など、自分の周りの人々にお返しをすることも不可欠だそうです。

「風水の『風』は気、『水』は水の流れですが、今、特に重要なのが浄化や循環を表し、生命の源である水なのです。水は雨になって草木を育て、地に潜って再び川や海となり、蒸発して天に戻っていく。人の幸福も循環させることが肝心です」

今回、女優の戸田菜穂さんと訪れた群馬県の「吹割(ふきわれ)の滝」はそんな御堂さんがすすめる、自然の霊力に満ちた場所の一つ。滝壺は龍神が住む龍宮に通じているという伝説があり、日々の疲れを吹き飛ばし、明日への活力をいただくには最適の場所です。


吹割渓谷にある浮島観音堂にお参りする戸田さん。ここもエネルギーを感じる場所。
戸田菜穂さん(とだ・なほ)
女優。1974年広島県生まれ。2020年11月より公開中の映画『記憶の技法』、WOWOW連続ドラマW『コールドケース3 ~真実の扉~』(2話12/12放送)に出演。2021年には錦織良成監督作品『高津川』が全国公開予定。
コート12万8000円/エス マックスマーラ ニット5万1000円 靴11万6000円/ともにマックスマーラ(マックスマーラジャパン) イヤリング38万5000円 リング36万8000円/ともにA collection

「本当の自然とは自分自身の心の中にあります。大自然の中でリラックスし、今この時が幸福だと感じることこそ、大自然の自由自在の力とつながる真の開運です」と御堂さん。2021年は現代人が失いがちな自然への畏敬や、気を感じる力を少しずつでも取り戻し、自然と通じ合える時間をつくることから始めてはいかがでしょうか。

女優・戸田菜穂さんが感じる大地の気


吹割の滝の隣にある、鱒飛の滝の前から、緑が美しい渓谷にたたずむ戸田さん。早朝のすがすがしい空気と光の中、リラックスした様子で「優しく細かな水しぶきが、とても気持ちいいですね」。

毎朝起きたら、まず家の全部の窓を開けて空気を入れ替えたり、庭にある植物から“いい気”をもらったりしています。幼い頃から母に「気を大事にしなさい」と言われて育ったんです。水しぶき、千畳敷……、大地のエネルギーを感じて、元気をもらえました。滝は大好きですね。その勢いや音……、浄化のような作用もあるような気がしています。

流れる水を眺めていると、そこに神様がいる感じもしましたし、地球って生きているんだなと改めて思いました。自然ってどんな絵画より美しい。本当は岩の上に寝転がってみたかったです(笑)。そしたらもっと大地の気を感じられそう(戸田さん談)


吹割の滝に続く、落差約15メートルの鱒飛の滝もまた美しい。


獅子岩や般若岩などの奇岩群による光景は、まるで異国のような雰囲気。

吹割の滝の動画はこちら>>

厚栄/江原英二 本誌・大見謝星斗 取材・文/大山直美

『家庭画報』2021年1月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading