国内

龍馬も愛した桂浜に、国内有数の植物園。高知県の自然美に出会える名所は?

「四国の魅力」を味わう 最終回(全18回) 四方を海に囲まれ、自然の恵みが溢れる四国。秋には山海の幸が旬を迎えます。瀬戸内の美しい景色とともに、土地の食材を味わえる名店の料理、ご自宅で作れるレシピ、お取り寄せ情報をお届けします。前回の記事はこちら>>

高知県のプレミアムガイド

南に太平洋を、北に四国山地を擁し、東西に長く広がる高知県は豊かな自然美に溢れています。東の「室戸岬」、西の「足摺岬」は大海原の雄大さと岬の風光が何よりの見どころ。

その間に位置する「桂浜」は坂本龍馬像が立っていることで有名な海の名所です。近くにはユニークな参加型の「桂浜水族館」もあります。

「四万十川」「仁淀川」の稀少な清流にもぜひ足を運びたいところ。近年は川下りやカヌー、サーフィン、釣り、キャンプなどでも人気です。

香美市土佐山田町にある「龍河洞」は日本を代表する鍾乳洞。神秘的な自然の造形は圧巻です。歴史的建造物では「高知城」。独立式の天守を持ち、270年前の姿をいまに残す城です。

一方、現代建築では内藤 廣「牧野富太郎記念館」、安藤忠雄「横倉山自然の森博物館」、隈 研吾「雲の上のホテル」ほかの梼原町の施設群などがあります。

(1)桂浜

桂浜

龍馬も愛した雄大な太平洋を一望する浜

地球が丸いことを実感できる水平線の弓状の広がりは絶景といえよう。古くから月の名所として知られ、民謡「よさこい節」にも「月の名所は桂浜」と歌われる。桂浜を愛したと伝わる坂本龍馬もこの浜で新しい時代に思いを馳せたのだろうか。

はるかな太平洋の彼方を見つめる龍馬像は高知のシンボルでもあり、龍馬ファンの聖地ともなっている。桂浜公園の丘には坂本龍馬記念館もある。

桂浜
高知県高知市浦戸桂浜 桂浜公園

(2)高知城

高知城

小さな天守が町のシンボル的存在

高知市内の中心地にあり、代表的観光スポットとなっている。土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、2代・忠義の時代に完成。天守は3層6階建てで、天守からは高知の街並みが望める。本丸の建物群が現存する唯一の城といわれ、天守ほか重要文化財に指定されているものが多い。

高知城
高知県高知市丸ノ内1-2-1
TEL:088(824)5701
開館時間:9時〜17時(入館は閉館30分前まで)
入場料:420円(18歳未満無料)
URL:https://kochipark.jp/kochijyo/

(3)高知県立牧野植物園

高知県立牧野植物園

牧野博士ゆかりの草花などが3000種類以上

高知が生んだ世界的な植物学者・牧野富太郎博士の業績を顕彰するために、博士逝去の翌年1958年に開園。起伏を生かした広大な敷地に変化に富むゾーニングをし、自然の中で植物に出会う配慮がなされている。記念館は内藤 廣の設計。木の回廊も心地よい。

高知県立牧野植物園
高知県高知市五台山4200-6
TEL:088(882)2601
開園時間:9時〜17時
不定休:年数回(公式ホームページにてお確かめください)
入園料:730円(高校生以下無料)
URL:https://www.makino.or.jp/

(4)いの町紙の博物館

いの町紙の博物館

土佐和紙の材料で紙すき体験もできる

土佐和紙は1000年以上の歴史があるとされる。幕府への献上品として藩の保護を受け、土佐の主要な特産品として広く知られていた。そんな土佐和紙の歴史をパネルや模型でわかりやすく展示。原料や道具も興味深い。手すきの実演も必見。

いの町紙の博物館
高知県吾川郡いの町幸町110-1
TEL:088(893)0886
開館時間:9時〜17時
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
入場料:500円(小・中高生100円、65歳以上250円)
紙すき体験料:400円
URL:https://kamihaku.com/

●「『四国の魅力』を味わう」バーチャルツアーはこちらから

〔特集〕「四国の魅力」を味わう(全18回)

01 香川の新名所「父母ヶ浜」で味わう瀬戸内イタリアン

02 讃岐料理の名料亭が作る極上の「讃岐うどん鍋」

03 初ものオリーブオイルで味わう究極のTKG

04 「虎屋 壺中庵」で出合う徳島・佐那河内の美味

05 作物を育て、パンを焼き、料理する。徳島で注目の“食”の拠点

06 愛媛の「茨木農園」から柑橘ジュースをお取り寄せ

07 愛媛の食材と郷土料理を新たな解釈で

08 伊予の景色と柑橘の味わいに浸るイタリアンレストラン

09 高知の名物「日曜市」で地元の人気シェフとお買い物

10 高知でしか作れない料理を。イタリアン「ラ プリマ ヴォルタ」

11 【香川のお取り寄せ】瀬戸内の豊かな海と温暖な気候風土が育むおいしさ

12 【徳島のお取り寄せ】自然豊かな里山から生まれた多彩なナチュラルフード

13 【愛媛のお取り寄せ】生産者の想いが詰まった柑橘類や地酒、県産牛肉

14 【高知のお取り寄せ】野菜王国で元気に育ったとびきり新鮮な野菜といちじく

15 香川県民ご自慢の名所4選

16 徳島県民ご自慢の名所4選

17 愛媛県民ご自慢の名所4選

18 高知県民ご自慢の名所4選


この特集の掲載号
『家庭画報』2020年11月号

「通常サイズ版」をAmazon.co.jpで購入する>>

「プレミアムライト版」をAmazon.co.jpで購入する>>

表示価格は税込みです。

撮影/本誌・坂本正行 写真/アフロ 取材・文/松田純子

『家庭画報』2020年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading