国内

暮れなずむ町に響く晩鐘の音色【残したい日本の音風景・12月】文/細野晴臣

12月 三井の晩鐘

文/細野晴臣

思えば今年はスペイン風邪に次ぐパンデミックとして歴史に残る1年を過ごしたことになります。

それでも桜は咲き、暑い夏を迎え秋の虫を聞き、いつものように年の瀬を迎えようとしています。

大晦日には年越しそばを食べ、除夜の鐘に耳を澄まし、百八つの煩悩を一つずつ解きほぐしていきたいものですが、近頃は鐘の音も遠ざかり、テレビの中継を聴いて過ごすことが多くなりました。

除夜の鐘が騒音に聞こえる人もいるようですが、鐘は時を知らせ、危機の合図なので耳に届かなければ意味はありません。

鐘に近づけば大きな音になるのは当然ですが、その鐘の中に入れば静かだということを幼い時に知り、実行したことがあります。

確かに静かなもので、鐘と一体化する不思議な経験でした。ただし、ここで紹介する「三井の晩鐘」の中には入らないように。叱られるかもしれません。

上のバナーをクリックすると、実際の音を聴くことができます。

細野晴臣(ほその・はるおみ)

音楽家

1947年東京生まれ。1969年「エイプリル・フール」でデビュー。1970年「はっぴいえんど」結成。73年ソロ活動を開始、同時に「ティン・パン・アレー」としても活動。78年「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、歌謡界での楽曲提供を手掛けプロデューサー、レーベル主宰者としても活動。YMO散開後は、ワールドミュージック、アンビエント、エレクトロニカを探求、作曲・プロデュースなど多岐にわたり活動。
公式サイト www.hosonoharuomi.jp

出典・音響提供/環境省「残したい“日本の音風景100選”」 写真上/エムオーフォトス(アフロ)写真下/三井寺

※こちらの音は、公益社団法人日本騒音制御工学会ホームページ「日本の音風景100選/サウンドライブラリ」からも聴くことができます。

『家庭画報』2020年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading