国内

『家庭画報』読者の皆さまが写した「心に残る絶景写真」

春夏秋冬雄大な景色を旅する 日本の絶景遺産 最終回(全13回) 豊かな自然に恵まれた日本には、絶景の名にふさわしい、感動を呼ぶ風景が数多くあります。未来に伝えたい“絶景遺産”を美しい写真でご紹介、今改めて“美しい国、日本”をお届けします。前回の記事はこちら>>

『家庭画報』インスタグラム投稿より
読者が選んだ心に残る絶景

出かけた先で美しい景色に出合うと、思わず写真に収めたくなるものです。『家庭画報』インスタグラムにご応募いただいた読者のかたがたの「心に残る絶景」写真を、思い出のコメントとともにご紹介します。

英虞湾の夕景

英虞湾の夕景(三重県 9月)

伊勢神宮を参拝し志摩観光ホテルにチェックイン。清々しい気持ちと美しい英虞湾に、荷解きもせず時間を忘れて撮影した1枚です。
投稿者:@cookiecookiecakesさん

トロッコから望む嵐山

トロッコから望む嵐山(京都府 11月)

友人との旅行で訪れた、トロッコ嵯峨嵐山から亀岡の景色。紅葉はまだでしたが、天気も良く、リッチ号で眺めが楽しめました。
投稿者:@__y_s_k_7117さん

高屋神社の天空の鳥居

高屋神社の天空の鳥居(香川県 4月)

長く急な石段を登った頂上から眺める瀬戸内の島々。名残の桜を見に、夕方近くに散歩した1年前。
投稿者:@yukari_godaさん

静寂の瑠璃光院

静寂の瑠璃光院(京都府 6月)

京都の名刹には青もみじがよく似合いますね。黒塗りの机に反射したこのリフレクションはまさに絶景。静寂という音が聞こえました。
投稿者:@claymore_hillsさん

ダイヤモンド焼岳

ダイヤモンド焼岳(長野県 10月)

この景色に出会えるのは年2回。1回は閉山期間なので、実質1年に1度の景色です。梓川に反射した日差しが参道のようでした。
投稿者:@youooo475さん

藤原宮跡のコスモス

藤原宮跡のコスモス(奈良県 10月)

夕陽とコスモスの景色を求めて、ギリギリに辿り着いた藤原宮跡。沈む瞬間一層輝きを増した夕陽に照らされたコスモス。
投稿者:@93.kumi.93さん

春の千鳥ヶ淵

春の千鳥ヶ淵(東京都 3月)

良い天気の中、母と電車に乗ってお花見へ。満開の桜と高層ビルと、お濠と手漕ぎボート……現代の東京を象徴する春の瞬間です。
投稿者:@sayameshi_tokyoさん

ひたち海浜公園の青

ひたち海浜公園の青(茨城県 5月)

令和初のお出かけ。渋滞を抜けて待っていたのは一面の青、空まで続くグラデーション。新しい時代に背中を押してくれる絶景です。
投稿者:@koumorigasa726さん

〔特集〕春夏秋冬雄大な景色を旅する 日本の絶景遺産(全13回)

01 ドナルド・キーンさんが愛した瀬戸内海の絶景

02 C・W ニコルさんに「日本の森を守る」と誓わせた、美しきブナの原生林との出会い

03 アレックス・カーさんがひと目で虜に。霧の立ち込めるおとぎの国のような祖谷(いや)渓

04 スイス出身のステファン・シャウエッカーさんを魅了した“神々の遊ぶ庭”

05 「湖畔に立つと地球の声が聞こえてくる」。ベニシアさんが愛する日本の風景とは?

06 現代の“竜宮城”が浮かぶ日和山(ひよりやま)海岸。朝もやに包まれた幻想的な風景

07 暗闇に浮かび上がる妖艶な姿が圧巻。山梨県・乙ヶ妻(おっかづま)の一本桜

08 まるで“ハイジ”の世界! 北海道・十勝千年の森に広がる牧歌的な風景

09 隠岐諸島・西ノ島に降り注ぐ光線。プロがとらえた神々しき一瞬

10 鳴門スカイラインからの絶景をご存じですか? 堀越海峡の迫力ある水流と夕暮れ

11 能登上空で飛行機からとらえた一瞬! プロ写真家の“絶景写真”

12 息を呑むほどの荒々しさを見せる石川県・安宅海岸。台風一過が運んできた劇的な一瞬

13 『家庭画報』読者の皆さまが写した「心に残る絶景写真」


この特集の掲載号
『家庭画報』2020年7月号

※誌面で紹介した絶景は、季節や気象条件などにより見られない場合があります。ご了承ください。
『家庭画報』2020年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading